フォトギャラリー
  • 症例一覧
  • 料金表
  • お問い合わせ

イシダイ(石鯛)「彷徨」<br />
 「八甲田の彷徨」からタイトル自分の姿を中に<br />
北に南に西に東に未だに進む目的も定まらず迷っているサマを現してみた アマゴ「春の装い」<br />
解禁放流直後のまだあどけないアマゴ<br />
を友人が持ってきてくれた美しい姿に見とれて クロダイ(黒鯛)「大物見参」<br />
東尋坊へ何度か通ってやっとモノにした大物<br />
食べるにはおしい何度も作品を作る<br />
色紙画面に大物をどう入れられるかそれだけで作ってみた アユ(「馬瀬」川の鮎)「無題」<br />
郡上アユ、馬瀬の鮎と育ったところで姿はもちろん味も大変違う馬瀬のは一級品だ<br />
アユのぬるっとした感じを出そうと苦労した作品 サンバソウ(石鯛の子)「十六夜の月」<br />
満月がすぎ 崩れかかる月が冬へ向かう魚の背にかすかに映えて<br />
寒さ寂しさを表現できたらと思って ニジマス(虹鱒)「水漬ければ」<br />
あまりにも美しいヒレピンの姿に<br />
その清流の透明感を出してみたかった ハマチ「魚」<br />
大きな魚の真ん中を食べれて<br />
頭とシッポが残されていた<br />
まだ生き生きしていたので頂戴といってもらってきた 網目カワハギ「たわ群れて」<br />
突堤の際を沢山の小魚が群れていたので<br />
網ですくうとカワハギの稚魚カワハギの肌はたわしのようで<br />
絵の具がのらず苦労した作品一ヶ月は要した

ページの上部へ

Copyright © 2015 - 2019 鍼灸AOI All Rights Reserved.