鍼灸・AOIブログ
  • 症例一覧
  • 料金表
  • お問い合わせ

2021年3月の一覧

鍼灸・AOIブログ ~つわり・ 逆子・安産にも鍼灸治療がとても有効 ~

 

鍼灸・AOIに通院してくださっている患者様にアンケートを
お願いしてご協力いただきました。
鍼灸治療をお考えの皆様の参考にしていただければ幸いです。

■施術メニュー

つわり・逆子・安産

《感想》

第2子の出産前に安産のツボに鍼を入れてもらっています。
第1子の時、逆子とよだれつわりの改善の為に通っていました。第1子は逆子をここで治して頂き、
またつわりも良くなってきたので、鍼灸はつわりに効果があることを実感しました。

また、一番驚いたのは安産のツボ。出産1か月前から鍼のシールを貼ってもらっていたのですが、
その結果、分娩室に入って数10分で産むことができ、また子供と一緒に胎盤も全部出てきて、
あっという間に出産を終えることができました。
鍼一つで出産がこんなに楽になるのであれば、鍼を入れたほうが絶対に得だと思います。

3人目も産むことがあれば、またお世話になりたいです。(Y.Hさん)

■施術内容と経過

この方は3年前に第1子を妊娠中に初期から悩まされていた、よだれ悪阻(妊娠してから大量の
よだれが出るようになる症状)と逆子の為に来院されました。30週の時でした。
よだれ悪阻は6回の施術で改善し、逆子は5回の施術と自宅での施灸で改善しました。

通常、逆子は1~2回で改善することが多いのですが、中には一旦正常位に戻っても、また逆子
になってしまう、自分の居場所を決めている頑固な赤ちゃんもいます。
この方の赤ちゃんもそのような傾向でしたので、少し時間がかかりましたが、最終的には
正常位で出産ができました。

安産のツボ(三陰交・次リョウ)にセイリンのパイオネックスを貼り、置鍼しました。
この施術は本当に効果があります。
関心のある方はこちらをご覧ください。

フォトギャラリー更新 ~ 2021年3月 東北ボランティア活動10年の歩み ~

 

東北大震災から10年、メディアでは様々な番組が取り上げて報道されています。

私は2012年5月に初めて、宮城県石巻市郊外・牡鹿半島の十八成浜を訪れました。
愛知ボランティアセンターが主催する、0泊3日の弾丸ツアーに参加し、
被災者の方々の鍼灸治療をさせていただきました。

その日以来、今日まで年に4~5回、十八成浜を訪れて現地の方々と交流しています。
震災1年後に訪れた現地の光景はとても衝撃でした。
被災者の方々は避難所、仮設住宅、復興住宅へと居を移し、少しずつ生活環境は
整ってきましたが、コミュニティ・仕事などを含めて震災前の生活に戻れることは
ありません。

名古屋から訪れる私たちができることは限られていますが、現地の方々に寄り添い、
これからもできることを続けていこうと思っています。

今回の写真は私が撮った写真のほか、十八成浜の活動に関わっていらっしゃる方々の
お写真をお借りしました。ありがとうございます。
詳しくはこちらをご覧ください。

また、これまでの東北ボランティア活動に関しては、当院HPの社会貢献活動をご覧ください。

3月のAOI通信は~「目の疲れ」と「疲れ目予防」がテーマです~

 

いつも大変お世話になっております。
早咲きの桜や梅の便りが届く今日この頃ですが、いかがお過ごしでしょうか?

AOI通信2021年3月号をお送り致します。

今月のAOI通信は「目の疲れ」と「疲れ目予防」がテーマです。

ここ数年、パソコンを使う時間が長くなり、目の疲れを訴える人が増えています。
パソコンの作業中は1時間に5~10分ぐらいは定期的に目を休める習慣を身
に付けましょう。

ビタミンAは「目のビタミン」とも呼ばれ、角膜や網膜の細胞、粘膜を正常な状態に保ち、
目を活性化させる働きがあります。涙をつくったり、目の機能を高めるのでドライアイ
の改善にもおすすめです。
ビタミンAはレバー、うなぎ、ほうれんそう、かぼちゃなどに豊富に含まれています。

「目の疲れ」のツボ療法も是非ご活用なさってください。
詳しくはこちらをご覧ください。

時節柄くれぐれもお体ご自愛くださいませ。

 


ページの上部へ

Copyright © 2015 - 2021 鍼灸AOI All Rights Reserved.