鍼灸・AOIブログ
  • 症例一覧
  • 料金表
  • お問い合わせ

鍼灸・AOIブログ

10月のAOI通信は ~ 「腰痛」と「骨密度UP」がテーマです ~

 

いつもお世話になっております。
残暑を思わせる天候が続いていますが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

AOI通信2021年10月号をお送り致します。
今月のAOI通信は「腰痛」と「骨密度UP」がテーマです。

骨粗しょう症予防には骨に適度な負荷をかける運動や日光浴を習慣に。
日に当たることでカルシウムの吸収を助けるビタミンDが作り出されます。
直射日光は皮膚のダメージにつながりますが、木陰で30分過ごすだけ
でも効果があります。

また、禁煙を心がけ、スナック菓子やインスタント食品、アルコールや
カフェインを多く含むコーヒーなどを控えることも大切です。

詳しくはこちらをご覧ください。

時節柄くれぐれもお体ご自愛くださいませ。

 

 

フォトギャラリー更新 ~ 2021年9月 杉本みな子 刺繡展 ~ 季節の便り ~

 

高校時代からの親しい友人である杉本みな子さんが、昨年の秋から刺繍で素敵な
「季節の便り」を届けて下さり、当院の受付で皆様をお出迎えしました。

季節が廻り、1年分の作品が揃いましたので、改めて皆様にご覧いただこうと思い、
ご本人のご承諾の上、刺繡作品展を開催することと致しました。

季節感あふれる小品の他、彼女の力量を発揮した作品もお借りできましたので、
合わせてお愉しみいただければ幸いです。

作品が多数ですので、「季節の便り」1、「季節の便り」2の2部構成となっています。

詳しくはこちらをご覧ください

9月のAOI通信は ~ 「膝痛」と「秋の病気にご用心」がテーマです ~

お世話になっております。
季節はいつしか、秋の長雨の季節となりましたが、いかがお過ごしでしょうか?

AOI通信9月号をお送りします。
9月のAOI通信は ~ 「膝痛」と「秋の病気にご用心」がテーマです ~

秋にインフルエンザや食中毒が発症しやすいことは、意外と知られていません。
発症の原因は、気温や湿度が低くなってくるため、ウイルスが次第に活発になるからです。
また、ウイルスが影響する病気以外にこの時期に発症が多いのが、季節性うつ病です。
日光を浴び、適度な運動を行い、脳と体のバランスを調整するよう心がけましょう。

「膝痛」のツボ療法も参考になさってください。
詳しくはこちらをご覧ください。

 

8月のAOI通信は ~ 「胃腸炎」と「夏バテ対策」がテーマです ~

 

いつもお世話になっております。
厳しい暑さの毎日が続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか?

AOI通信2021年8月号をお送り致します。

今月のAOI通信は「胃腸炎」と「夏バテ対策」がテーマです。

昔から夏バテには酢やレモンに含まれているクエン酸がよいといわれてきました。
体内のクエン酸回路が十分に機能すると、体の各細胞が活発になり、
疲労を回復させると共に夏バテで弱った内臓を回復する効果があります。
酢やレモン、梅干しなどを使った料理や飲み物をしっかり摂るよう心がけましょう。

また、暑いからといってシャワーで済まさず体温に近い37~38度の湯に半身浴で、
じんわり汗をかく程度つかりましょう。10分間程度入ることで副交感神経に作用し、
食欲増進や快眠につながります。

「胃腸炎」のツボ療法も是非ご活用なさってください。
詳しくはこちらをご覧ください。

時節柄くれぐれもお体ご自愛くださいませ。

≪ 鍼灸・AOIからのお知らせ ≫

* 夏季休暇のお知らせ *

令和3年 8/2(月)~令和3年 8/3(火)&
令和3年 8/21(土)~令和3年 8/23(月)
休診させていただきます。

*例年9月のケニア医療ボランティアは、コロナ禍のため、
本年も実施致しません。お盆の13~14日は通常通り、
診療させていただきますので、よろしくお願い致します。

熱中症に気をつけて、お元気にお過ごしくださいませ。

 

フォトギャラリー更新 ~ 2021年7月 収蔵展 ~

暑中お見舞い申し上げます。
厳しい暑さが続いておりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

フォトギャラリーを更新致しました。

院長の石川が大切に収蔵している作品をお楽しみください。
パステル画、油絵、水墨画、水彩画、伝統創作版画、版画などの作家さんは、ほとんど
石川のお知り合いの方々です。

詳しくはこちらをご覧ください。

* 夏季休暇のお知らせ *

令和3年 8/2(月)~令和3年 8/3(火)&
令和3年 8/21(土)~令和3年 8/23(月)
休診させていただきます。

*例年9月のケニア医療ボランティアは、コロナ禍のため、
本年も実施致しません。お盆の13~14日は通常通り、
診療させていただきますので、よろしくお願い致します。

熱中症に気をつけて、お元気にお過ごしくださいませ。

7月のAOI通信は ~ 「月経不順」と「熱中症対策」がテーマです ~

 

いつも大変お世話になっております。
鬱陶しい梅雨空が続いていますが、いかがお過ごしでしょうか?

AOI通信2021年7月号をお送り致します。
今月のAOI通信は「月経不順」と「熱中症対策」がテーマです。

熱中症の初期症状はめまい、大量の汗、立ちくらみなどです。
これらの症状を放置せず、涼しい場所に移動し、冷やしたタオルや氷、冷却剤などを
首、わきの下、足の付け根に当てて体を冷やし、水分と少量の塩分を補給してください。
ただし一般的な熱中症のイメージと違って、汗が出ない場合もあります。

食事面では、カリウムを日頃からしっかりとりましょう。
カリウムは細胞内液に多く含まれており、失われると脱水症状になります。
筋肉の働きを良くする効果もあるため、熱中症にかかった時の回復力を高めてくれます。
あずき、いんげん豆、のり、すいかなどに多く含まれています。

「月経不順」に効果的なツボ療法も参照なさってください。
詳しくはこちらをご覧ください。

暑さにくれぐれもご注意くださいませ。

≪ 鍼灸・AOIからのお知らせ ≫

今年は変則的なカレンダーにより、

7月19日(月) 通常通り診療致します。
7月22日(木)・23日(金)  休診させていただきます。

*夏季休暇は別途お知らせ致しますので、よろしくお願いいたします。

 

鍼灸・AOI ブログ ~ 日本人は何故アジサイを愛するのか? ~

紫陽花の美しい季節。
皆さんも楽しんでいらっしゃることと思います。

 

~ 日本人は何故アジサイを愛するのか? ~

先日、NHKのBS放送でこのテーマで、鎌倉の長谷寺から生中継がされていました。
ご覧になった方もおいでのことと思います。

では、何故??

コンセプトは鎌倉が観光地であったから!! ...??

まず、時代をさかのぼること、シーボルトが海外に持ち帰り、海外で品種改良が進み、
大正時代に日本に逆輸入されました。

日本でも改良が進み、植えられるようになるのですが、海からの風を受け湿気の多い、
鎌倉は特に適した地であったようです。街中で普通に植えられ、愛されていました。

観光地である鎌倉は、アジサイを売り物にしようと、まず明月院、そして長谷寺にと
街中にアジサイを植えました。

観光で鎌倉を訪れた人々はアジサイに感動し、その後、全国各地にアジサイブームが
起こった、という訳です。

6月のAOI通信は ~ 「肩関節炎」と「食中毒の予防」がテーマです ~

 

いつも大変お世話になっております。
今年は梅雨入りが早く、梅雨が長引きそうですが、皆様いかがお過ごしでしょうか?
新型コロナワクチンの接種が順調に進められることを願っています。

AOI通信2021年6月号をお送りします。
今月のテーマは「肩関節炎」のツボ療法と、「食中毒の予防」です。

これからの季節、食中毒に注意が必要です。
基本は、食材に菌を「つけない」、菌が増殖しやすい水分や温かい空気を避けて「ふやさない」、
熱などで菌を「やっつける」という3点が大事だと言われます。
包丁やまな板の使い方など日々の生活に参考になさっていただければ幸いです。

詳しくはこちらをご覧ください。

時節柄くれぐれもお体大切になさってくださいませ。

鍼灸・AOI ブログ~ 2021年5月 石川 佳子 PHOTO展「春の訪れ 2021」~

いつも大変お世話になっております。
フォトギャラリー更新のお知らせです。

コロナ禍の中、皆様いかがお過ごしでしょうか?
コロナ禍の中でも花は綺麗に咲きます。

春の陽気に誘われて、密を避けながら感染に気を付け、密かに
平日に自家用車で出かけて、撮影してきました。

梅・桜・シャクナゲ・藤・・・春爛漫をお楽しみください。

詳しくはこちらをご覧ください。

 

5月のAOI通信は ~ 「めまい」と「うつ病の対処法」がテーマです ~

いつも大変お世話になっております。
風薫る季節となって参りましたが、いかがお過ごしでしょうか?

AOI通信2021年5月号をお送り致します。
5月のAOI通信は「めまい」と「うつ病の対処法」がテーマです。

うつ病は誰にでも起こりうる病気ですが、症状に気づかず悩んでいる人も多い病気です。
働き盛りの人や高齢者、産後や更年期の女性などに発症しやすく、憂うつ感・意識の
低下・判断力低下などの精神症状や、睡眠障害・食欲低下・倦怠感などの身体症状が
2週間以上続けば要注意です。

食事面では、牛乳やヨーグルトなど乳製品をしっかり摂りましょう。乳製品にはイライラを鎮め、
精神を安定させ、うつ症状の改善に効果的なカルシウムも多く含まれています。

「めまい」のツボ療法も是非ご活用なさってください。
詳しくはこちらをご覧ください。

時節柄くれぐれもお体ご自愛くださいませ。

 

次ページへ »

ページの上部へ

Copyright © 2015 - 2021 鍼灸AOI All Rights Reserved.