鍼灸・AOIブログ
  • 症例一覧
  • 料金表
  • お問い合わせ

患者様の声

60代/女性・脊柱管狭窄症~ 鍼灸治療で坐骨神経痛が改善しました~

鍼灸・AOIに通院してくださっている患者様にアンケートを
お願いしてご協力いただきました。
鍼灸治療をお考えの皆様の参考にしていただければ幸いです。

■施術メニュー

脊柱管狭窄症、坐骨神経痛

《感想》

2017年2月、強い腰とお尻のホッペの痛みで動けなくなり、救急車のお世話に
なりました。MRIの結果、脊柱管狭窄症それに伴う坐骨神経痛と診断されました。

リリカカプセル、トラムセット配合錠が処方され、車椅子生活から解放され、杖も
コルセットも必要なしの生活にはなりましたが、服薬からは解放されず現在も服薬
中です。

強い痛み止めを半年以上も服用していることに、さすがに不安になったのが、受診の
キッカケになりました。初診の治療後すぐに軽く腰をかがむことが出来て効果を実感
しました。

痛みがまだ戻ったりすることもありますが、すこしずつ良くなってきている気はする
ので、治療を続けています。お灸が気持ちよくて心まで安心感みたいなおだやかな
気持ちになります。リリカ・トラムセットは急に止められないので、様子をみながら
少しずつ減しています。
女性の先生であることもとても気に入っています。

(T.U)

■施術内容と経過

この方は今年の8月お盆過ぎから通院してくださっています。
エイズボランティアを含めて以前から存じ上げている方でしたが、腰痛に苦しんで
いらっしゃることは知りませんでした。

当院に来られるまでに大変な痛みを乗り越えて来られたようですが、坐骨神経痛の
診断にしては、下肢の痺れ・締め付けられるような痛みはなかったようで幸いでした。

初診時から割合順調に快方に向かっておいでですが、元来働き者の方ですので、調子が
良いと動き過ぎる傾向があります。

また、強い痛み止め薬の服用をとても気にしていらっしゃり、早く減薬したいと願って
おいででしたが、強い薬程止め方が難しいことをお話し、処方されたドクターに症状
の変化を良くお伝えして、先生と相談しながら減薬するようにアドバイスをさせて
いただきました。

Uさん、焦らずに治療していきましょうね!

 

 

10月のAOI通信は~「肥満」と「生活習慣病を防ごう」がテーマです~

 

いつも大変お世話になっております。
過ごしやすい季節となって参りましたが、いかがお過ごしでしょうか?

AOI通信2017年10月号をお送り致します。

今月のAOI通信は「肥満」と「肥満を解消して生活習慣病を防ごう」がテーマです。

肥満は生活習慣病のもとといわれるように、内臓脂肪が蓄積すると生活習慣病を
起こしやすくなります。
ほっておくと糖尿病や高血圧、脂質異常症などを招いてしますので注意が必要です。

食物繊維は胃で膨らむため、満腹感が早目に得られます。
そのため炭水化物の量が自然と減り、摂取エネルギーの総量を抑えることができます。
また食物繊維は腸活動を活発にして消化を助ける働きがあります。
食物繊維は玄米などの穀類、豆類、イモ類、キノコ類、海藻類に多く含まれています。

食欲の秋、ついつい食べ過ぎてしまいがちですが、肥満にはくれぐれもご用心!

「肥満」のツボ療法も是非ご活用なさってください。
詳しくはこちらをご覧ください。

時節柄くれぐれもお体ご自愛くださいませ。

鍼灸・AOI

50代/女性・腰痛~ 鍼灸治療ですべり症が改善し、モダンダンスに励んでます~

鍼灸・AOIに通院してくださっている患者様にアンケートを
お願いしてご協力いただきました。
鍼灸治療をお考えの皆様の参考にしていただければ幸いです。

■施術メニュー

腰痛

《感想》

「すべり症」で悩まされていましたが、石川先生にお世話になってからは
痛み止めの薬にもあまり頼らず、仕事もできるようになりました。

(Mさん)

■施術内容と経過

この方は10年くらい前から通院してくださっています。
モダンダンスの先生をされている方ですが、20歳頃にダンスをしていて転倒され、
以後腰痛を発症されたようです。

初診時の症状としては、かがんだり、立ち上がったりすると痛みがあるということ
でした。また、長時間床に座るのが辛いともおっしゃっていました。

灸頭鍼を中心とする月2回の鍼灸治療を4か月継続後は、1か月に1度の健康管理の
治療となり、現在に至っています。
このような治療をずっと続けていらっしゃるので、舞台のための激しい練習の際に
時々発症する腰痛にも耐えることができています。

Mさん、今後とも是非治療を継続なさって元気いっぱい、モダンダンスを踊って
くださいね。

 

9月のAOI通信は~「眼精疲労」と「疲れ目予防」がテーマです~

いつもお世話になっております。
朝夕少し涼しくなって参りましたが、いかがお過ごしでしょうか?

AOI通信2017年9月号をお送り致します。

今月のAOI通信は「眼精疲労」と「疲れ目予防」がテーマです。

ここ数年、パソコンを使う時間が長くなり、目の疲れを訴える人が増えています。
パソコンの作業中は1時間に5~10分ぐらいは定期的に目を休める習慣を身
に付けましょう。

ビタミンAは「目のビタミン」とも呼ばれ、角膜や網膜の細胞、粘膜を正常な状態に保ち、
目を活性化させる働きがあります。涙をつくったり、目の機能を高めるのでドライアイ
の改善にもおすすめです。
ビタミンAはレバー、うなぎ、ほうれんそう、かぼちゃなどに豊富に含まれています。

「眼精疲労」のツボ療法も是非ご活用なさってください。

詳しくはこちらをご覧ください。

時節柄くれぐれもお体ご自愛くださいませ。

7月のAOI通信は~「ニキビ・吹き出物」と「あせも予防」がテーマです~

ニキビ・吹き出物に作用するツボ

 

いつもお世話になっております。
梅雨時独特の蒸し暑い毎日が続いていますが、いかがお過ごしでしょうか?

AOI通信2017年7月号をお送り致します。

今月のAOI通信は「ニキビ・吹き出物」と「あせも予防」がテーマです。

あせもの対策は肌を清潔に保つこと。汗をかいたらこまめにふき取りましょう。
乾いたタオルは水分だけ吸って老廃物を肌に残すため、固く絞ったタオル汗拭きシートが
おすすめです。帰宅したらすぐシャワーで汗を流しましょう。

さらさらの汗をつくるためにはレシチンをたっぷりとることが重要です。
レシチンは大豆を原料とした納豆、豆腐、豆乳、みそなどのほか、卵黄、ピーナッツ、
小魚に豊富。
大豆には発汗を調整するイソフラビンも含まれているので、積極的にとりましょう。

「ニキビ・吹き出物」のツボ療法も是非ご活用なさってください。

詳しくはこちらをご覧ください。

時節柄くれぐれもお体ご自愛くださいませ。

30代/女性・不妊治療~4回の 鍼灸治療で妊娠しましたぁ。おめでとう!~

声99 福本杏奈

鍼灸・AOIに通院してくださっている患者様にアンケートを
お願いしてご協力いただきました。
鍼灸治療をお考えの皆様の参考にしていただければ幸いです。

■施術メニュー

不妊治療

《感想》

3年ほど前から不妊治療で病院に通っていました。ですが、なかなか授からず悩んで
いました。もともと冷え症で低体温だったので、漢方なども試みてみましたが、ダメ
でした。そんな時に友人が不妊治療(人工授精)を止めて、鍼灸に通いだして自然妊娠
したと聞かされ驚きました。私は本当かなぁと半信半疑で聞いていました。

そんな時名古屋に転勤になり、いい機会なので少し妊活を休もう・・・と思い、
病院通いも止め、基礎体温を計るのも止めました。
転勤して数ヶ月経った頃に友人に聞いた話を思い出し、私も鍼灸に通ってみようかな~
と軽い気持ちで通いだしました。

半信半疑で通っていましたが、体が温まるのを実感していました。妊娠してくれると
いいなぁと軽い気持ちでいたら、通いだして2か月で妊娠しました。
ほんと先生に感謝しています。

先生はいつもその時の症状で適切な処置をしてくれます。
出産までまだ期間はあり、不安もありますが、安産になるよう通いたいと思います。
(A.Fさん)

■施術内容と経過

この方は今年の2月半ばから通院してくださっています。
ご本人も書いていらっしゃるように、不妊治療に疲れていらっしゃるようでした。

不妊治療を望まれる方に必ず、私からお話しさせていただくことがあります。
それは、『赤ちゃんを迎い入れることができるお母さんの体にしましょうね!』
ということです。

そのためには、体の冷え・生理不順・高温域と低温域が明瞭な基礎体温などの
改善が必要です。

この方は冷え・基礎体温が問題でしたので、それらを改善するための鍼灸治療を
させていただきました。
冷えに対しては、『子宮の裏側を温める』灸頭鍼が良く効きます。
A.Fさんにも同様の治療をしたところ、すぐに上半身が温かくなったとおっしゃって
いました。このように比較的早くに治療の効果が現れたことが早期のおめでたに
繋がったと思われます。

これから無事出産に向けて、こころと体のケアをさせていただきます。
元気な赤ちゃんを産みましょうね!

 

6月のAOI通信は~「からだの疲れ」と「食中毒対策」 がテーマです~

2017-0605

いつもお世話になっております。
いよいよ梅雨入りしましたが、いかがお過ごしでしょうか?

AOI通信2017年6月号をお送り致します。

今月のAOI通信は「からだの疲れ」と「家庭の注意で予防できる、食中毒」
がテーマです。

食中毒で最も多いのが、O-157に代表される細菌性の食中毒です。
予防法としては、生鮮食品は新鮮な物を選び、すぐに冷蔵庫や冷凍庫に入れましょう。
基本は、食材に菌を「つけない」、菌が増殖しやすい水分や温かい空気を避けて
「ふやさない」、熱などで菌を「やっつける」という3点が大事だと言われます。

「からだの疲れ」のツボ療法も是非ご活用なさってください。
詳しくはこちらをご覧ください。

これから蒸し暑い日々が続くと思われます。
お体ご自愛くださいませ。

 

 

40代/女性・全身~ 鍼灸治療で体・心が軽くなり、寝汗も減少しました~

声98 丹羽

鍼灸・AOIに通院してくださっている患者様にアンケートを
お願いしてご協力いただきました。
鍼灸治療をお考えの皆様の参考にしていただければ幸いです。

■施術メニュー

肩こり、寝汗、胃腸の不調

《感想》

初めは、首、肩、背中、腰が重くてダルくて、ネットで探したこちらへ来院しました。
1回目の施術で、あんなに辛かった体がなかり楽になり、驚きました。

それ以降通っていますが、毎回体調で気になるところを相談すると、その都度対処
して頂いています。

時々、大量の寝汗をかくのですが、それも少しずつ良くなってきました。
体のコリも以前よりも軽くなってきました。
体が軽くなると心も軽くなるので、感謝しています。  (S.Nさん)

■施術内容と経過

この方の初診は平成16年12月です。
ホームページをご覧になって来院されました。
パソコンに向かうお仕事のため、肩こりを中心に治療させていただきましたが、
お尋ねすると胃腸の不調や眼精疲労などいろいろな症状をお待ちでした。

月に2回ほど、パジャマを着替えないといけないほどの寝汗をかくとのことでした。
舌を見せていただくと、舌の周りにギザギザがある気虚の舌です。
寝汗は胃腸が弱いとか体力がないとかの、気虚の症状に合点するものです。

週に1回の治療を2か月程続けていただき、こり、寝汗も随分良くなられました。
その後、2週間毎を数回、現在は3週間に一度通院していただいています。
随分元気になられて良かったですね!

5月のAOI通信は~「肌の荒れ」と「アレルギー対策」 がテーマです~

201705img

 

いつもお世話になっております。
新緑の美しい季節になりましたが、いかがお過ごしでしょうか?

明後日からゴールデンウイークの後半ですね。
皆様、どんな楽しい計画をお考えでしょうか?

今月のAOI通信は「肌の荒れ・皮膚の異常」と「部屋を清潔に保ちアレルギー対策」
がテーマです。

花粉の飛散シーズンが落ち着いても花粉症のような症状がある場合は、ハウスダストが
原因の可能性があります。ハウスダストは、空気中に舞い上がりやすく、体内に入ると
アレルギー性鼻炎、アレルギー性結膜炎、ぜんそく、アトピー性皮膚炎などを引き起こす
原因になることがあります。
予防には、できるだけ毎日掃除をすることが大切です。
「肌の荒れ・皮膚の異常」のツボ療法も是非ご活用なさってください。

詳しくはこちらをご覧ください。
皮膚に関してはこちらも参照してください。

折角の気持ち良い季節、気持ち良く過ごしましょう。

*皆様、鍼灸・AOIのアプリ、もうインストールされましたか?*
スマホをお持ちの方は、是非、当院のホームページからダウンロードなさってください。
既に会員登録をされた方々は、スタンプを集めるのを楽しんでいらっしゃいます。
お誕生日プレゼントも用意しています。ささやかですが・・・。

ご来院の際、会員ナンバーをご呈示ください。

 

 

4月のAOI通信は ~「不眠症」と「すっきり目覚め」がテーマです~

AOI通信2017

待ちに待った、櫻の満開がもう間近。
待ちきれずに、お花見にお出かけになった方もおいでのことと思います。

春眠暁を覚えずと言いますが、心地よい眠りを得られないときは辛いですね。
そこで、今月のAOI通信は「不眠症」と「すっきり目覚め」がテーマです。

朝すっきり目覚めるためには、睡眠の質を上げることが大切です。
パソコンやスマートフォンの画面から出る青色の光「ブルーライト」を浴びると、
睡眠を促すメラトニンの分泌が抑制されるほか、交感神経が高ぶって寝つきが悪くなり、
深い眠りが明け方に訪れてしまいます。

インターネットやメールなどは寝る2時間前には済ませましょう。
目覚めに太陽の光を浴びると、生命活動を営むために体の中に備わる体内時計が
リセットされ、活動状態に導かれます。

また、快眠にはタンパク質のトリプトファンを摂ることをお勧めします。
トリプトファンは牛乳、乳製品、ナッツ類などに多く含まれています。

詳しくはこちらをご覧ください。

不眠については、こちらをご覧ください

 

 

次ページへ »

ページの上部へ

Copyright © 2015 - 2017 鍼灸AOI All Rights Reserved.