鍼灸・AOIブログ
  • 症例一覧
  • 料金表
  • お問い合わせ

肘痛

50代後半/女性・ギックリ背中 ~鍼灸治療1回で噓のように痛みが引きました~

%e5%a3%b080-%e6%a0%97%e5%b2%a1

鍼灸・AOIに通院してくださっている患者様にアンケートをお願いしてご協力いただきました。
鍼灸治療をお考えの皆様の参考にしていただければ幸いです。

■施術メニュー

背部痛・肘痛

《感想》
昨年の12月に背中を痛めて、椅子の背もたれに触れるのだけでも痛い状態の時、
知人の紹介で治療していただきました。

初めての患者にもかかわらず、身体の状態を把握して、適切な治療で帰りには
嘘のように痛みが引き、信号の変わりかけた横断歩道を小走りで渡ってから、驚いた
ことを覚えています。

その後、長年の持病の首と腰のヘルニアがある事をお伝えし、ビックリ腰になった時や、
テニス肘、ふくらはぎの痛み、めまい、以前痛めた左足首、左尻から脚に走る痛み(坐骨
神経痛だそうです。)等々、その都度駆け込み寺のように、先生に治療していただいて
います。                        (K.Kさん)

■施術内容と経過

初診時の症状は、ご本人も書いていらっしゃるように、背中の痛み、いわゆる「ギックリ背中」
でした。随分辛そうにされていて呼吸もしにくい様子でしたが、術後は呼吸が楽にできる
ようになっていました。

それをきっかけに様々な症状でご来院いただいています。
ご本人はスキューバダイビングがご趣味で、沖縄など綺麗な海に出かけていらっしゃるようで
お話をお聞きするのはとても楽しいです。
ただ、元来頑張り屋さんのようで、ダイビングのトレーニングと称して、水泳やテニスも楽しんで
いらっしゃるのですが、時としてやり過ぎの感があります。

Kさん、トレーニングは程々にしましょうね!

背部痛・背中のこりについては、詳しくはこちらをご覧ください。

 

50代 女性 / バネ指が鍼灸治療で治癒!楽器演奏を楽しんでいます!

声21 岩田めぐみ

■施術メニュー

バネ指、ヒジの痛み、腰痛、肩こり

《感想》

五年前 朝起きた時、左手の中指、薬指が曲がったまましばらく動かす事が出来ず、
整形外科等に通っても原因がわからず困っていました。
そんな時、知り合いが同じような症状で、ハリ治療で良くなったと聞きました。
それで、私も初めてハリ治療を受けることを決めました。

最初の不安も先生の優しいお顔や、しっかりとお話を聞いて下さる態度にすっかり
安心して治療を受けることができました。指の曲がりはすっかり良くなりました。
趣味で楽器演奏をしているので、肩こりやヒジの痛みがあるものの定期的に治療を
していただいている為、安心して続けていくことができています。
ありがとうございます。

■施術内容と経過

初診時、両手のこわばりやシビレ感がありました。リウマチ反応の血液検査は
マイナスとのことでした。
最初の1カ月は週4回、その後月に2度の通院で3ヵ月くらいで手のこわばりや
バネ指やほとんど良くなりました。
ご本人も書かれているように、楽器を楽しまれていますので、肘の痛みや腱鞘炎
肩こりなどのケアの為、現在は月に1度通院をしていらっしゃます。

ご家族揃って当院の患者様で、ご主人・お嬢様方も時々来院されています。

腱鞘炎・バネ指に関してはこちらをご覧ください。

 

 

40代男性 左脛(すね)がモワモワする

3年程前に右肘痛や左脛の違和感を訴えて通院してくださった男性が、左脛のモワモワ
が再発したと来院されました。

前回の治療では、左脛のモゾモゾする違和感は3回の治療で治癒しました。
右肘はもう少し時間がかかりました。

今回は7月の始めに一度治療をさせていただいてから、再来されていませんので、
何とかなっているのでしょうか?
気にかかる患者さんのお一人です。

50代 男性(肘が痛い、肘が伸びない)

開業当初から何か事あるごとに通院して下さっている建築関連のお仕事をされている男性。
さて、今度の症状は? と思ったら、「先生、左の肘が痛い、伸びない・・・」というのです。

いつから? 今年の2月から。整形外科に通っているけど、良くならなくって・・・。
何か原因は? わからない・・・。

何で4カ月も経ってから来るかなぁ?
原因がないはずないけどなぁ?

と、思いながら治療を始めました。2回、局所付近や左肩関節の周囲を 中心に鍼灸治療を
しましたが、「変化がよくわからない。」と、おっしゃる。

そこで、もう一度 肘の周囲をよく観察すると、正中神経に沿った腱がとても硬くなっています。
そのせいで、手の先のしびれも起きているのでしょう。

良く話を聞いてみると、建築現場で足場に乗ったり降りたりする時に主に左手をついていたとのこと。
右手は種類を持って現場監督をしているから・・・。原因はそれ!でした。

腱の硬いところをほぐす治療と、整形外科の上手なマッサージ師さんのおかげで随分良くなられました。


ページの上部へ

Copyright © 2015 - 2017 鍼灸AOI All Rights Reserved.