鍼灸・AOIブログ
  • 症例一覧
  • 料金表
  • お問い合わせ

更年期・更年期障害

50代・女性/更年期の諸症状・ストレス

鍼灸・AOI様_患者様アンケート_ページ_10

■施術メニュー

冷え性、胃腸の不調、ストレス、眼精疲労、肩こり、頭痛

《感想》

2011年、めまいやのぼせなどの自律神経失調の症状、肩こり、背中のこり、体調が安定しないこと
から来る不安感で受診しました。
仕事のストレス、更年期によるさまざまな症状は、継続して受診することにより安定してきました。

肩こりがひどくなると、頭痛や眼痛、気の巡りの悪さから胃が固くなり冷えも感じたりしますが、
鍼治療、お灸の施術のあとは、すーっと首、肩が軽くなり全身に気が巡る感じ(軽い、すっきり感、
温かくなる)で、目のかすみもよくなります。

胃も軽くなり、食欲も出ます。
首の詰まった感じ、頭に上気する(ストレス、疲れから頭が詰まった感じ)症状も、
頭部への鍼治療で神経の興奮が収まり精神的に落ち着き、夜もぐっすり眠れます。

ひざ裏や腰部の痛みがあった時、鍼治療していただいたらその日のうちか、次の日には痛みが
なくなり、症状、病状にもよるかと思いますが、即効性のあるものだと実感しています。

いつも施術をしていただくと体が軽くなり、頭も(心も)スッキリして帰れます。
急なお願いにも快く対応してくださり、先生には本当に感謝しております。

■施術内容と経過

初診時、上記のようないろいろな症状を抱えて来院されました。
まず、精神的に気持ちが落ち着くことが最優先と思い、全身治療としてそれを主眼として
鍼灸治療をしました。同時に胃腸を整えること、肩こり・背中のこりを楽にすることも心がけました。

鍼の刺激をとてもよくわかっていただける方で、あるところに刺した鍼が「今、こんな風に効いて
いる。」と、よくお話されています。

週に一度の治療が3カ月程続き、その翌月からは体調に合わせて月に2~3回のペースで
来院していただいていましたが、最近は以前に比べると心も体もタフになられ、ご自分で
体調管理されながら、時々当院にSOSを求めて来院されています。

生理痛・更年期障害心配ご無用!鍼灸・AOIは働く女性の味方です!!

生理痛・生理不順・更年期障害に悩んでいませんか?
女性特有のこのような症状はとても辛く、心も沈んでしまい勝ちです。

生理不順を改善しないと妊娠のタイミングをうまくつかめず、不妊症に繋がる可能性もあります。
生理痛・生理不順は体を温める治療を中心に、ホルモンバランスを整える鍼灸治療をすることに
よって症状が改善されます。
生理痛は子宮筋腫や 卵巣膿腫が隠れていることがあります。そんな場合は婦人科との連携も
必要です。

更年期障害の時は、不眠やイライラ感、のぼせなどのいやな症状に悩まされますが、鍼灸治療で
それらは改善されるのです。心安らかに更年期の時期を通り過ぎることも可能です。

当院のこれまでのブログの中には婦人科治療の項目がありますので、是非参考になさってください。
鍼灸・AOIは働く女性の皆様が気持ち良く元気に過ごしていただけるよう、応援しています。

婦人科領域の主な症状(Ⅱ)

婦人科領域の主な症状の続きです。
③、④の症状は、いずれも鍼灸治療の得意とするところです。是非、当院にご相談ください。

③排卵痛・・・排卵期(排卵日を挟んで前後3日くらい)に出現するお腹の痛みのこと。
症状としては下腹部の張りや痛み・腰痛です。
原因としては、①黄体による卵巣の腫れと女性ホルモンの影響、②排卵で起きる卵巣からの出血が考えられます。

④更年期障害・・・閉経期前後(45~55歳)には女性には様々な体調の不調が現われ、「更年期障害」とよばれています。
これには女性ホルモンの分泌低下などの内分泌因子以外に、この年齢の女性がおかれる社会環境の変化
などの因子も関与します

症状としては、汗をかきやすい、顔がほてる、動悸・息切れ、寝つきが悪い、怒り易くイライラする、憂鬱になる、
頭痛・肩凝り、吐き気など様々な症状を訴えます。

40代前半 女性 更年期障害

不眠(寝つきが悪い、目覚めやすい)、良く寝汗をかく、のぼせる、などの更年期特有の
症状をもった女性。でも、主訴は腰痛でした。

背部は腰痛に対する鍼灸治療を中心に施術し、仰臥位では女性ホルモンを整える
ような全身治療をさせていただいたところ、いわゆる 更年期特有の症状は4~5回で
改善されたようで、最近はほとんど触れられません。

腰痛も7回くらいで良好となり、その次は肩こりを訴えられるようになりました。
肩こりも最初からあったのですが、人は多くの場合、火急なことをまず、訴えます。

この方の目下の問題点は胃の不調です。
でも、数回で良くなりますからご安心を・・・。

40代後半 女性 更年期障害改善

朝の散歩途中の公園で咲いている芍薬が綺麗な季節になりました。
更年期の症状を抱えている方々にも季節を感ずる余裕を持っていただきたいと思います。

のぼせ、汗ばみ、頭痛、のどのつかえ、などのいわゆる更年期の症状をお待ちの
40代後半の女性が来院してくださっています。

あるウイメンズクリニックで 、ホルモン剤を投与され、漢方薬も服用しているとのこと。
そのクリニックで鍼灸治療も受けられるが、専門のところで受診したいと思い、ネットにて
検索して来院してくださいました。

最初はあまり信頼関係が築けないのでは?というような雰囲気でしたが、少しずつ症状が
改善され、今では私の治療を受け入れてくださっているようです。

これまでに2週間毎、4回の治療をさせていただきましたが、最初の症状は全体的に良好で、
最近では、これまではあまり口にされなかった、首筋の凝り を気にされるようになりました。

少しずつ考え方もおおらかになっていらっしゃるようですよ!

女性のからだとこころのヒミツⅣ(更年期)

更年期症状は女性ホルモンが急激に減少し、自律神経が乱れることによって
発症します。主な症状は、動悸、めまい、顔のほてり、手足の冷え、肩凝り、
不眠、倦怠感、情緒不安感などです。

一般的に更年期症状は45歳~55歳くらいに起こると言われていますが、30歳
後半から起こることもあります。当院にも30歳後半で更年期症状を訴える方が
来院されます。

更年期に心掛けることは、無理をしない、ストレスを溜めない、しっかり休養を
取ることなどですが、どうしても怠けているようにみえる症状が多いですので、
周りの人達に理解してもらえないことが多く、女性は一人苦しむことも多々ある
のです。

こんな時、パートナーの男性の理解と協力がとても大切です。男性のちょっとした
やさしい声かけや家事の手伝いで更年期の女性は随分救われるものなのです。
男性の皆様、ご協力よろしくお願いしま~す。

鍼灸治療は更年期症状に対しても力を発揮します。女性ホルモンを調整する鍼灸
治療を続けるとそれぞれの症状が良い方に変化してきます。

50代 女性 腱鞘炎・更年期障害

8年前から来院してくださっている女性。
初診時の症状は、お仕事の関係で右上腕・肘・手首などの腱鞘炎でした。
パソコンのマウスを使う機会が多いことやペンで書類に書き込むことが多いことが
誘因と思われます。

仕事で日常的に手を使いながらの治療ですので、完治するのに時間がかかりましたが、
何とか治りました。肩凝りも相当なものでして、時々頭痛も伴っていました。
ほぼ同時に肩凝り・頭痛の鍼灸治療をさせていただきました。その後、しばらくおいでに
なりませんでした。

3年程前から再来院されました。今度は左右の指がバネ指になられたとのこと。
それと同時にとても顔が火照ったように赤い顔をしていらっしゃいました。
お聞きすると、足が冷えて顔がのぼせるとのこと、40代後半でしたが、少し早い
更年期障害でした。

バネ指は比較的早く治りましたが、更年期障害の治療は肩凝りや膝の痛み、花粉症の
治療などとともに現在も続けています。体全体のエネルギーを調整する鍼灸治療で、冷え
のぼせの改善をさせていただいており、随分良くなられました。


ページの上部へ

Copyright © 2015 - 2017 鍼灸AOI All Rights Reserved.