鍼灸・AOIブログ
  • 症例一覧
  • 料金表
  • お問い合わせ

手のしびれ

40代/女性 ~鍼灸治療で腕のしびれが取れ、趣味のアートを楽しんでいます~

声84高木

鍼灸・AOIに通院してくださっている患者様にアンケートをお願いしてご協力いただきました。
鍼灸治療をお考えの皆様の参考にしていただければ幸いです。

■施術メニュー

腕のしびれ、腰痛、肩こり、花粉症・鼻炎、皮膚アレルギー

《感想》

肩こりと腰痛に20代から悩まされてきました。昨年冬からはさらに頻繁に寝違えるようになり、
腕のしびれもずっと取れない状態が続き、何とかしなければとインターネットで調べて5月に
初めて伺いました。
鍼は以前痛い思いをしたのですが、子ども鍼もあるとあったので、きっと痛くないだろうと考え、
お灸は未経験で関心がありました。また、女性の先生なのでリラックスできると思いました。

好きなボタニカルアートも痛みで描くことがつらく、悲壮感でいっぱいだったのですが、施術を
受けるようになってしばらくすると、腕のしびれもなくなり、また長時間描けるようになりました。

ひどい症状の時やぎっくり背中を起こした時も緊急で処置して下さったり、車酔いの治療もして
下さって、とても心強いです。今は鼻炎や皮膚のアレルギーの治療もして頂いています。
体全体を診て下さるのでありがたく思っております。
(Tさん)

■施術内容と経過

この方は昨年の5月から通院してくださっています。以前に1度だけ受けた鍼治療で、
怖い思いをされたらしく、初診時とても緊張されていましたが、診療後は随分落ち着かれて、
血色も顔の表情もとても良くなられました。

ご本人も書いていらっしゃるように、いろいろな症状を治療させていただいています。
当初は10日に1度の治療が2か月、その後2週間に1度の治療が2か月続きましたが、
現在は1か月に1度の健康管理の鍼灸治療をさせていただいています。

手のしびれに関してはこちらを参照ください。

 

 

50代 男性 / 交通事故の手のしびれが鍼灸治療でほぼ回復

声 12 加賀

■施術メニュー

五十肩、腰痛、手のしびれ

《感想》

45歳で五十肩で通院し、約1年間でほぼ痛みなしまで回復。
52歳で腰痛。整形外科にて薬で治療をしていたが、薬が不要になるまでに。
53歳で交通事故。手のしびれがほぼ回復。

3~5回の通院で痛みに変化が現れ、副作用の心配がないのが一番良いと
思います。

■施術内容と経過

この方はご自身が書いていらっしゃるように、何か問題が生じると思い出したように
来院してくださいます。
症状がある間はきちんと通院してくださいます。
現在はお元気なのでしょうね!

 

 

50代 男性(肘が痛い、肘が伸びない)

開業当初から何か事あるごとに通院して下さっている建築関連のお仕事をされている男性。
さて、今度の症状は? と思ったら、「先生、左の肘が痛い、伸びない・・・」というのです。

いつから? 今年の2月から。整形外科に通っているけど、良くならなくって・・・。
何か原因は? わからない・・・。

何で4カ月も経ってから来るかなぁ?
原因がないはずないけどなぁ?

と、思いながら治療を始めました。2回、局所付近や左肩関節の周囲を 中心に鍼灸治療を
しましたが、「変化がよくわからない。」と、おっしゃる。

そこで、もう一度 肘の周囲をよく観察すると、正中神経に沿った腱がとても硬くなっています。
そのせいで、手の先のしびれも起きているのでしょう。

良く話を聞いてみると、建築現場で足場に乗ったり降りたりする時に主に左手をついていたとのこと。
右手は種類を持って現場監督をしているから・・・。原因はそれ!でした。

腱の硬いところをほぐす治療と、整形外科の上手なマッサージ師さんのおかげで随分良くなられました。

40代 男性 頸椎ヘルニア(Ⅱ)

今から2週間前に来院された頸椎ヘルニアの男性が昨日来院されました。
前回(4/16) 来院された時に、鍼灸治療をさせていただいた結果、右手のシビレ感、
脱力感、ヅキヅキする痛みが軽減し、手の皮膚の色が赤みを帯びてきれいになりました。

その治療結果がどの程度維持できているか不安でしたが、大丈夫でした。
動かなかった右手はかなり動くようになっていましたし、 ヅキヅキする痛みはほとんど感じ
ないということでした。

前回、「希望が見えてきました。先に進めそうです。」と、おっしゃっていたその方は、元気に
明るい顔をされ、「絶対治してやる!」という気持ちに溢れていました。
私も治るような気がしてきました。

もともと、いろいろなことを頑張ってやってしまう方らしいですので、「ドウドウ」と言いながら
セーブをさせてあげるのが、なかなか大変な方であることも判明しました。

Sさん、焦らずに、着実に良くしていきましょう ね!

 

70代前半 男性 頸椎症

最近来院された70代前半の男性です。
整形外科で頸椎C5~C6~C7の頸椎症と診断され、昨年末頃手術をされました。

頸椎症(頚部脊椎症)とは、頸椎の椎間板、ルシュカ関節、椎間関節などの適齢変性が
原因で、脊柱管や椎間孔の狭窄をきたして症状が発現した疾患です。

その症状は首の痛み、肩こり、上肢の痛み、しびれ、感覚鈍麻、手指の動きのぎこちなさ
(巧緻運動障害)、歩きにくさ(歩行障害)などを訴えることが多く、痛みは起床時に強く、
あたたまることで日中に楽になり、筋疲労で夕方に痛みが増強することが多いです。

この方の場合は、左手に症状が出ており、歩行障害も伴っています。両肩の痛みもあります。
ご本人によると、手術後に歩行障害がきつくなり、右手の脱力感 も出てきたとのことですので、
手術したことを悔いていらっしゃいます。

整形外科では何ともならないことから、鍼灸治療に期待して来院してくださっていますが、
今日までの3回の治療では変化は認められません。いずれにしても長期戦です。
患者様と施術者との根比べ になることでしょう。
Oさん、諦めないでくださいね!私も精一杯、治療させていただきます!
スポーツジムでのストレッチ体操も頑張ってくださいね!

40代 男性 頸椎ヘルニア

昨日、午前の診療時間終了間際に、ある男性から「これから診てもらえないか?」
と電話がありました。午後は往診に出かける予定があり、その時間に遅れそうでした
ので、一旦はお断りしようと思いました。でも、その電話には何となく逼迫感を感じま
したので、 至急来院していただくことにしました。

その方は、1年半程前から頸椎ヘルニアのため、首に負荷をかけることをドクターから
止められており、仕事も休職中とのことでした。ドクターは手術の話もするのですが、
成功率が良くないことも 伝えられています。ドクターからは「治らない。」と宣言されて
いるとのこと。

希望が見出せなくなっている時、10数年前に相談した占いの先生を訪ねました。
そこで、「あなたには治そうとする力がある。」と言われ、当院をご紹介くださいました。
その占いの先生は、当院の患者様です。
私は責任重大だと思いましたが、とにかく、この方が 何か光を感じてくだされば、と
思い、鍼灸治療をさせていただきました。

初めての鍼灸治療ですので軽めの治療にしましたが、右手のシビレ感、脱力感、痛み
が軽減し、手の皮膚の色が赤みを帯びてきれいになりました。
その方はその手をしみじみを見ながら、「希望が見えてきました。先に進めそうです。」
と、おっしゃいました。

遠方ですので、月に2度程の治療しかできませんが、続けて来院されるようです。
今回の治療結果が次回の来院時まで持続されることは難しいかもしれませんが、
希望を持っていただけたことは間違いないと思います。
私は益々 、責任重大です。

30代 男性 右肩の痛み・右手のシビレ

最近来院してくださったパソコン関連のお仕事をしている男性。
背が高くとてもオシャレでその上、イケメンですので、 ドキドキしながら(笑)
治療をさせていただいています。

右の肩甲間部が痛くて、手がしびれるということでしたので、肩こりのひどい状態と
思って、うつ伏せの姿勢から治療を始めました。そしたら、途中からその姿勢が辛い
とのこと。しまった!と思いました。bearing.gif

 

結局、横向きの姿勢で治療をし直しました。この姿勢は、五十肩の人や妊娠されて
いる方、お年寄りの方の場合の治療スタイルです。

若い30代の方でも 、五十肩のような症状もあるのです。五十肩と同じ治療で3回
でほぼ良くなりましたが、あと少し気になるところが あるので、もう少し通院していただ
きます。また、ドキドキしながら治療をさせていただきますね!icon_redface.gif


ページの上部へ

Copyright © 2015 - 2017 鍼灸AOI All Rights Reserved.