鍼灸・AOIブログ
  • 症例一覧
  • 料金表
  • お問い合わせ

咳・喘息

50代・女性 / 喘息の発作から解放されました

20150617_voice

■施術メニュー

喘息、肩こり

《感想》

鍼灸AOIに通うようになって10年以上になります。子供の頃から抱えていた喘息の
発作への不安が今ではすっかりなくなりました。

最初は母が通っていたこともあり、肩こりで治療していただこうと思ったのですが、
2~3度治療していただいた後、喘息の発作が出たので、先生にお話しすると、
喘息の治療もしましょう、ということになりました。

西洋医学の薬と違って、すぐに今日効果があるというのではありませんでしたが、
数か月でほとんど発作がなくなりました。一年から二年経ったところで全く不安が
なくなりました。三年経過した頃には風邪を引いても全く発作が起こらなくなりました。

今では薬の副作用の心配からも解放されました。何より発作の苦しさ、恐怖心から
解放されたことはほんとうに嬉しいことです。
ほんとうに鍼灸AOIの石川先生に会えて人生が明るくなり、仕事に家事にがんばる
力をいただいています。
Y.T

■施術内容と経過

治療の経過はご本人が書いていらっしゃる通りです。
施術としては、肺経と脾経のエネルギーバランスを整える治療をさせていただきました。
喘息やアトピー・アレルギーなどの症状のある方は、ほとんど胃腸の弱みを持って
おいでです。この方もそうです。

肺経と脾経のエネルギーバランスを整える治療を続けることにより、上記の変化が見られ
ました。当院では、喘息やアトピー・アレルギーの方には仰臥位(あおむけ)の時、
ほとんどの方にこの治療をして良い効果を得ています。

この方には、3人のお子さんがいらっしやいますが、3人とも喘息あるいはアトピーの症状
をお持ちでしたが、現在は皆さん症状が改善されて不安感がないとおっしゃっています。

最近では、お孫さんにも若干その傾向が出ていますので、小児ハリをお教えして家庭で
ママやパパから施術していただいています。経過はとても良いようです。

皆さんも喘息やアトピー・アレルギーを怖がらずに、是非鍼灸治療を受けてみては
いかがでしょうか?

 

80代・女性/不整脈・睡眠時無呼吸症候群

鍼灸・AOI様_患者様アンケート_ページ_17

■施術メニュー

不整脈、睡眠時無呼吸症候群、腰痛、肩こり、頭痛、咳

《感想》

常勤37年、非常勤3年、合計40年間、大病をすることもなく健康だったのに、退職後は
病気の問屋みたいになってしまい、高血圧症からはじまり、心房細動不整脈(4年前)、
くも膜下出血(2年前)、睡眠時無呼吸症候群(中枢型?)、一番新しいのは、昨年2月から
自己免疫性肝炎。

治療しないと大変なことになると大量のステロイド剤が投与されはじめ、その頃、以前に
石川先生に治療してもらったことがある長男(今は仕事の関係で通えなくなっている)にすすめられ、
ステロイド剤の効果で、肝機能数値も少しずつ改善され、薬の量も徐々に減ってきた8月中旬に
初診、以後大体週一回の割合で通院しています。

石川先生はこちらの話をよく聞いてくださり、「痒いところに手が届く」という言葉がありますが、
「痛いところに手が届いて」例えば鼻炎で鼻をかみづめだったのが、治療が終わって帰途につく頃
には鼻がすっきりして、鼻をかまなくてもよくなったりしています。

その他、脚の浮腫が改善されたり、枚挙にいとまがありません。

かなり前から、私は低体温になり、平熱が35.3℃~35.4℃で、免疫力や抵抗力が落ちているのを
実感していましたが、最近では35.9℃位になって、体調もよくなって来ているのを実感して、
ありがたいことだと思っています。

■施術内容と経過

2014年8月に来院された時、既往歴をお聞きしてびっくりしました。この他にも病院の駐車場で車が
横転したのにかすり傷で済んだとか、この方は本当に神様に生かされている方だとつくづく思いました。

最初は体全体がとてもシンドそうで、階段の3~4段を昇るのも辛いようでした。
ですから、治療は膝の痛みや肩こりを軽くすることから始めました。足や顔のむくみは改善するのに少し
時間がかかりましたが、睡眠時無呼吸症候群における夜間の呼吸数は安定していきました。
自己免疫性肝炎のために投与されていたステロイド剤の減量にも成功したようです。

鼻炎については肺経や脾経のエネルギーを調整することによって改善されました。
最近は肩こりや膝の痛み、足のむくみについてあまり言われなくなりましたので、元気に人生を楽
しまれていらっしゃるようです。

喘息・アトピーも怖くない!鍼灸・AOIは頑張っている女性を応援します!

喘息・アトピーで悩んでいらっしゃる方、薬を飲み続けることに不安を感じていらっしゃる方。
鍼灸治療を 受けてみませんか?

鍼灸治療は、自然治癒力を高めながら、症状の改善をし、喘息(ぜんそく)やアトピーの発症しにくい
体質に改善されるお手伝いをさせていただきます。
ただし咳が激しい時やアトピーの症状が激しい時は必ず、処方された薬を併用してください。

当院では、全身治療のほかに、特に肺経や脾経(胃腸を整える)のエネルギーを整える特別治療を
することにより、多くの方々が喘息(ぜんそく)の苦しい発作やアトピーから開放されたりしています。
また、喘息(ぜんそく)の症状が起きそうな時に未然に防ぐことができる方法や、軽い症状に回避する
方法もお教えします。

お困りの方、遠慮なくご相談ください!

50代 女性 ひどい咳の改善

つい最近、肺ガンの為に肺の一部を切除手術をされた女性。
手術後通院して下さっていますが、手術後すぐは咳がとても大変で、
治療中も苦しそうでした。

いつもの肺系と脾系を整える治療をさせていただいたところ、途中から
咳が楽になられました。

次に来院された際に確認させていただきましたところ、咳の回数が圧倒的に
減ったそうです。少しでもお役に立てて嬉しく思います。

今後は術後の痛みの軽減にお役に立ちたいと思います。
一緒に頑張りましょうね!

喘息の治療

喘息(ぜんそく)とは、種々の刺激に対して気管、気管支反応性が亢進していることを特徴
とし、広範な気道狭窄により、咳や痰、息苦しさや喘鳴など、さまざまな症状が起きます。
特に、夜間や早朝、季節の変わり目などにおこりやすいのが大きな特徴です。

喘息(ぜんそく)は、子どもの頃から発症したり、また職場環境などにより大人になってからの
症状発現であったりしますが、 いずれの場合も、必ず病院・診療所で診察を受け、その時々
の症状に合わせた薬を処方していただいてください。

鍼灸・AOIにおける鍼灸治療は、自然治癒力を高めながら、症状の改善をし、喘息の発症
しにくい体質に改善されるお手伝いをさせていただきます。
咳が激しい時は必ず、処方された薬を併用してください。

当院では、全身治療のほかに、特に肺経や脾経(胃腸を整える)のエネルギーを整える
特別治療をすることにより、多くの方々が喘息(ぜんそく)の苦しい発作から開放されています。
また、喘息(ぜんそく)の症状が起きそうな時に未然に防ぐことができる方法や、軽い症状に
回避する方法をお教えします。

当院に通院してくださっている方の中には、長年喘息に苦しめられて、夜中に咳が出始めると
止まらず、そのまま死ぬのではないか?と思われたような方も、上記の方法で、症状が改善され、
現在は季節の変わり目に少し咳が出る程度になられました。

その方はご家族中が喘息、あるいはアトピー体質ですが、ほとんど症状が治まっていますので、
皆さん、とても感謝をしてくださっています。 私も嬉しいです。

喘息の治療について、詳しくはこちらをご覧ください。

50代 女性 喘息 鍼灸治療にてほぼ治癒

10年前くらいから定期的に通院してくださっているYさんは、若い頃から喘息に苦しめられていました。
夜に発作が起こるとこのまま死ぬのではないか、という思いまでされていたそうです。
数年前から当院独自の喘息治療によって画期的に改善され、今では安心して眠ることができるそうです。
季節の変わり目や風邪をひいた時には少し咳に悩まされる時もあるようですが、治療をすればすぐよくなられます。
とても喜んでくださっています。

鍼灸治療は腰痛などの痛みや肩凝りだけでなく、喘息やアトピーなどの症状も改善できます。
喘息でお悩みの方、怖がらずに 鍼灸治療を受けてみたらいかがでしょうか?icon_razz.gif


ページの上部へ

Copyright © 2015 - 2017 鍼灸AOI All Rights Reserved.