いつもお世話になっております。
何時しか師走に入り、何となく気ぜわしくなって参りました。
皆様、いかがお過ごしでしょうか?

AOI通信2018年12月号をお送り致します。
今月のAOI通信は「便秘・下痢」と「食事法で暴飲暴食を防ぐ」がテーマです。

忘年会で外食が増えるなど、暴飲暴食になりがちなシーズン。後悔しないためにも、
食事のとり方を工夫しましょう。食べ過ぎた翌日は揚げ物や高カロリーな食事を
控えたり、ふだん食べている白米の量を減らしたりするのもポイントです。
飲み過ぎた後は、体内のビタミン、ミネラルが不足しがちになるので野菜や果物、
きのこ類をしっかりとりましょう。

また、食べる順番も大切です。まず食物繊維を含む野菜や豆類などを食べ、
次にたんぱく質が豊富な肉、魚、卵などを。
最後に炭水化物や糖類を米、パン、パスタなどでとりましょう。
食物繊維は次に食べる物の吸収を遅らせ、急激なインスリンの分泌を抑えるため、
体脂肪の蓄積を予防します。

胃の炎症を抑制するタウリン。いかやたこ、帆立、まぐろなどの魚介類に多く含まれてます。

「便秘・下痢」のツボ療法も是非ご活用なさってください。
詳しくはこちらをご覧ください。

時節柄くれぐれもお体ご自愛くださいませ。