鍼灸・AOIブログ
  • 症例一覧
  • 料金表
  • お問い合わせ

その他の症状

80代・女性/不整脈・睡眠時無呼吸症候群

鍼灸・AOI様_患者様アンケート_ページ_17

■施術メニュー

不整脈、睡眠時無呼吸症候群、腰痛、肩こり、頭痛、咳

《感想》

常勤37年、非常勤3年、合計40年間、大病をすることもなく健康だったのに、退職後は
病気の問屋みたいになってしまい、高血圧症からはじまり、心房細動不整脈(4年前)、
くも膜下出血(2年前)、睡眠時無呼吸症候群(中枢型?)、一番新しいのは、昨年2月から
自己免疫性肝炎。

治療しないと大変なことになると大量のステロイド剤が投与されはじめ、その頃、以前に
石川先生に治療してもらったことがある長男(今は仕事の関係で通えなくなっている)にすすめられ、
ステロイド剤の効果で、肝機能数値も少しずつ改善され、薬の量も徐々に減ってきた8月中旬に
初診、以後大体週一回の割合で通院しています。

石川先生はこちらの話をよく聞いてくださり、「痒いところに手が届く」という言葉がありますが、
「痛いところに手が届いて」例えば鼻炎で鼻をかみづめだったのが、治療が終わって帰途につく頃
には鼻がすっきりして、鼻をかまなくてもよくなったりしています。

その他、脚の浮腫が改善されたり、枚挙にいとまがありません。

かなり前から、私は低体温になり、平熱が35.3℃~35.4℃で、免疫力や抵抗力が落ちているのを
実感していましたが、最近では35.9℃位になって、体調もよくなって来ているのを実感して、
ありがたいことだと思っています。

■施術内容と経過

2014年8月に来院された時、既往歴をお聞きしてびっくりしました。この他にも病院の駐車場で車が
横転したのにかすり傷で済んだとか、この方は本当に神様に生かされている方だとつくづく思いました。

最初は体全体がとてもシンドそうで、階段の3~4段を昇るのも辛いようでした。
ですから、治療は膝の痛みや肩こりを軽くすることから始めました。足や顔のむくみは改善するのに少し
時間がかかりましたが、睡眠時無呼吸症候群における夜間の呼吸数は安定していきました。
自己免疫性肝炎のために投与されていたステロイド剤の減量にも成功したようです。

鼻炎については肺経や脾経のエネルギーを調整することによって改善されました。
最近は肩こりや膝の痛み、足のむくみについてあまり言われなくなりましたので、元気に人生を楽
しまれていらっしゃるようです。

歯ぎしりも鍼灸治療で改善できます!鍼灸・AOIは頑張っている女性を応援します

夜寝ている間に思わず歯に力を込めていて苦しくなって目覚めてしまう、という経験は
ありませんか?

昨年の夏の終わり頃から通院してくださっている50代の女性。
主訴は腰痛と下肢のしびれ感でした。その症状がほとんど回復すると今度は肩こりが
気になるということで、肩・首のこりの治療を始めました。
その時、歯ぎしりのことも打ち明けてくださいましたが、かなりの症状でした。
マウスピースがかなりすり減っていたとのことです。

肩甲間部や顎関節を中心に治療をさせていただいたところ、最近は夜目覚めることも
マウスピースがすり減ることもほとんどないので、快眠だそうです。
よかったですね。

こんなことなんか?と思わず、何でも相談なさってくださいね。

認知症に寄り添って~鍼灸治療で改善中!!~

当院の患者様で現在、唯一の往診患者は、86歳の男性Tさんです。
Tさんは、3年ほど前から認知症を発症され、現在介護付き有料老人ホームに入居されています。
以前からご家族中が通院してくださっている関係上、ご家族からの依頼で1年半前から自転車で
施設に往診にお邪魔しています。

最初は以前の施設でかなり強い薬を投薬されたせいで、焦点が定まらず、認知症独特の表情をされていました。
治療を重なる毎に表情が明るくなり、最近ではいつもニコニコしてくださいます。
また、話すことができなくなっていましたが、言葉を少しずつ出せるようになってきました。

往診にお邪魔するときは、必ず奥様がお手伝いしてくださいます。そうしないと勝手に動いてしまうからです。
今日もお二人のやり取りを見させていただきました。ご主人が認知症という症状になっていなければ、このように
寄り添って支えるということはなかったかもしれません。大変ですけど、ある意味では幸せなひとときなのでしょう。
出来る限り、応援させていただきますね!

60代 女性 顔面麻痺も鍼灸治療で改善

昨年10月半ばに発症した左顔面麻痺の60代女性。
原因としては疲労とストレス?
岩盤浴で汗をかいた後に、川辺で夜風に 当たったことも刺激になったかも?
数日前から左首筋がとても張っていたそうです。

当院に来院されたのが、発症後1カ月程経過後であったのはとても残念です。
しばらく入院されていたそうです。
当初の所見は 左口唇が極端に下がっており、また左眉も下がっていました。
水を飲もうとすると左側から 水がこぼれる状況でした。

遠方にお住みでお忙しい方ですので、なかなかこちらの指示通りに通院をしていただくことができ
ませんが、これまでに6回治療をさせていただき、 左眉・左口唇の下がりはかなり良くなりました。
また、水のこぼれる状態もそれほど気にならなくなりました。

Kさん、あと少しですよ! 頑張りましょう!!

痔疾も鍼灸治療対象

皆さんは痔疾も鍼灸治療の対象であることをご存知でしょうか?
切れ痔などは頭の天辺の 「百会」と言うツボに直接灸を3壮すえるだけで改善することもあります。

先日、40代の女性が遠慮がちに「切れ痔も治るんですか?」と小さな声で尋ねられました。
「勿論、大丈夫ですよ。」ということで、 早速、「百会」に直接灸を3壮すえました。
2週間後、来院 された時にお聞きしたところ、「おしりの肛門あたりの筋肉が柔らかくなって便がスーと
通るようになった。 」とおっしゃっていました。

東洋医学的には肛門周囲の古血の改善が治療のポイントになっています。
血液の流れが良くなるので、肛門のあたりの筋肉が柔らかくなったのです。

心当たりの方は、遠慮なくお申し出くださいね。

睡眠時無呼吸症候群も鍼灸適応症

本年8月から肩凝り、首の痛み、腰痛、左膝関節痛、足首痛、足のむくみなどなどで
通院してくださっている80歳代前半の女性。

上記の症状は全体的に良くなっておいでになり、最近では地下鉄を降りてから目的の病院まで
信号で渡ると大周りになるので、陸橋を渡ることを課題にしていらっしゃいます。
初診時は当院がお世話になっているビルの玄関前の3~4段の階段もシンドイとおっしゃって
いたのですが・・・。すご~~い!

この方、実は睡眠時無呼吸症候群のため、1年前くらいから夜間にシーパップをを使用されて
いるのですが、その器械で1時間当たりの 無呼吸数を計測したところ、当院で治療を始めて
以来、 無呼吸数が少なくなっているとのことです。

私がケニアに行っている間は回数が増えていたようですので、帰国後、肺経を整える治療を
させていただいたところ、現在は落ち着いています。

 

70代 男性 脳梗塞後遺症

来院4カ月前に脳梗塞を発症された70代の男性。
左半身に軽度の麻痺があり、左手に力が入らないとか、左臀部の脱力感がありました。
整形外科でリハビリをしているが、なかなか症状が改善しないことに、しびれをきらして
来院されたのです。

腰部や臀部、左肩周り、左前腕などを中心に鍼灸治療をさせていただきました。
一番最初に効果が現れたのが、腰部や臀部の脱力感が改善され、歩きやすくなった
ことです。

左手の握力の変化はなかなか難しかったですが、手の動きが良くなり、手のシビレも
あまり気にならない程度まで改善されました。両方の掌の色が良くなり、とても喜ばれ
ました。

10回程通院され、全体的に良くなられた状態で、来院を止めてしまわれましたので、
現在の状況はわかりませんが、お元気でお過ごしのことと思います。

このように脳梗塞後遺症の改善にも、鍼灸治療は充分にお役に立てます。よろしかったら
ご相談ください。

80代 男性 認知症(Ⅱ)

奇跡!というのはご家族がおっしゃった言葉です。
鍼治療の初日の夕方、ご本人が突然「○○町」と叫ばれたのだそうです。
それは今までご本人が住んでいたご自宅の町名です。
これまで、ほとんど言葉を発していなかったので、介護をされる周りの方々は
とてもびっくりされ、ご家族はとても喜ばれました。

数回の治療で、こちらからの呼びかけの言葉に応対されるようになりました。
勿論、会話はかみ合わないですが・・・。そして、足のむくみも取れ、車いすから
立ちあがり、歩けるようになりました。
今では、奥様の訪問日にはお二人で散歩に出かけ、好きな物をお買い物して
くることがとても楽しみになりました。

このような良い変化に鍼灸治療がとてもお役に立っていると思いますが、それだけ
ではありません。先日、このブログでお伝えした、認知症のケアのユマニチュード
が、Tさんを介護されている施設の方々やTさんのことを本当に大切に思っている
ご家族の間で活かされているからでしょう。

昨日もにこやかな男前のTさんにお会いしてきました。
私も幸せな気持ちにさせていただきました。

鍼灸治療は認知症にも威力を発揮します。
ご家族の介護でお悩みの方はご相談ください。


ページの上部へ

Copyright © 2015 - 2017 鍼灸AOI All Rights Reserved.