鍼灸・AOIブログ
  • 症例一覧
  • 料金表
  • お問い合わせ

2018年10月の一覧

鍼灸・AOIブログ~ ケニア渡航 2018 の報告 (Ⅱ)~


ナイロビでは、これまでアサンテナゴヤにご縁をいただいた団体、施設を訪問させていただきました。
以前、チャイルドドクターで活躍されていた公文和子先生のシロアムの園(障がい児の通所施設)、
シングルマザー自立支援のための菊本照子さんの工房をお尋ねし、支援してくださった方々から
お預かりした文具や衣類、支援金をお渡ししました。
お二人ともケニアに根をおろし、地道に粘り強く活動されてきました。お二人の真摯な姿を拝見した
私たちは、自らの襟をただすような思いでした。
私たちは今後も何らかの形で応援させていただきたいと心から思いました。
支援金はアサンテナゴヤが昨年末に託された、ある方の遺産を活用させいただきました。
有意義に使っていただき、託された方もきっと喜んでいただいていることと思います。
ケニアを離れる前日には早朝にナイロビ郊外の国立公園のサファリに出かけました。
毎年恒例のご褒美です。
今年はライオンの親子、サイの親子など沢山の動物を見ることができました。皆さん、大喜び!!
最終日、空港に向かう前に例年のように、チャイルドドクターの施設にお邪魔して、支援している
チャイルドと交流させていただきました。ここでも子供たちの笑顔がとても素敵でした。

鍼灸・AOIブログ~ ケニア渡航 2018 の報告 (Ⅰ)~


いつもお世話になっております。
11日間のお休みをいただき、ありがとうございました。
今年も皆様のご支援のおかげでケニア渡航を無事に終了することができました。
遅くなりましたが、9月14日~24日まで挙行されました、ケニア渡航2018の報告を
させていただきます。
今回参加して下さったメンバーは医師9名、薬剤師2名、看護師4名、鍼灸師2名、
学生2名、事務局1名の計20名の方々でした。
出発直前の関空冠水によるフライトの変更や、ナイロビから内陸の街・キシーへの
移動の途中のバスのボヤ騒ぎなど、思わぬハプニングもありましたが、参加の皆さんの
チームワークにより、事なきを得て、予定していた日程をほぼ遂行できました。
参加くださった皆様のご協力に感謝申し上げます。
ケニア渡航の前半は、ケニア奥地の農村・ゲム村周辺での活動でした。
昨年完成した「聖テレサ・アサンテナゴヤ診療所」の視察と現地スタッフへのアドバイス。
鍼灸チームは2日間、鍼灸治療をしました。
また、HIV/AIDS関連の託児所を訪問して、子供たちやお母さんとの交流をし、皆さんから
お預かりした沢山の支援品や支援金をお渡ししました。
子どもたちの笑顔が素敵でした。
 


ページの上部へ

Copyright © 2015 - 2018 鍼灸AOI All Rights Reserved.