鍼灸・AOIブログ
  • 症例一覧
  • 料金表
  • お問い合わせ

2017年8月の一覧

鍼灸・AOI ブログ ~ 東北ボランティアに参加しませんか? ~

アーモンドの花

アーモンドの花

2017年6月 日和山から海岸線を展望

2017年6月 日和山から海岸線を展望

鍼灸・AOIのHP・社会貢献ページを更新しました。
2012年から続けている東北ボランティアの最新の情報を掲載しました。
是非こちらをご覧ください。

現地で被災された皆さんは、仮設住宅から高台の復興住宅に移り住み、以前より
生活は落ち着きましたが、仮設住宅の時のような交流は難しくなっています。

震災当初から現地のニーズに合わせて活動してきた、愛知ボラセンのバスも諸般の
事情により、バスが出しにくい状況になっています。
でも、現地ではアーモンド苑の世話や高台に住む人達との交流など、私達の応援を
希望しています。

皆さんも東北ボランティアに参加しませんか?
皆さんにもできることはあります。

旅行社を通しての募集のため、以前より参加費が高額になっていますが、
皆さんのご参加をお待ちしております。

私も9/16~9/18に参加予定ですので、下記に申し込みをしてあります。
参加いただける方は、ご自身で8月末までに、以下の主催会社に申し込みしていただく
ようお願い致します。

また、私にもご連絡いただけると幸いです。  (E-mail: aoi.yi1588@gmail.com)

宮城県十八成浜ボランティア

■旅行内容:宮城県十八成浜ボランティアツアー
■日程:以下の日程で募集します。
9月16日(土)~18日(月・敬老の日)
12月8日(金)~10日(日)
■主催:株式会社 中部キャラバン(愛知県知事登録旅行業2-882号)
■旅行代金:20,000円
■食事:SAにて購入 ※活動日(2日目)昼食お弁当有り
■最小催行人数:35名
■お申込み(株式会社 中部キャラバンHP):http://ccc.sc/?catid=2&itemid=13
■協力:特定非営利活動法人 被災者応援愛知ボランティアセンター

 

鍼灸・AOI ブログ ~ 終戦の日に想う・浅田次郎『終わらざる夏』~

P1010796
今日は72回目の終戦の日。
お盆休みを楽しんでいる方々も、正午の1分間の黙禱には参列されたことでしょう。

毎年、終戦の日が近づくと、テレビ番組ではいろいろな特集が組まれます。
今年のNHKはこれまで公開されてこなかったような内容まで踏み込んで事実を
伝えています。

昨日放送された、「樺太の悲劇」もそのひとつです。
南樺太は戦前は日本の領土であり、日本人の家族が沢山住んでいました。
そこへ、ソ連が侵攻してきたのです。終戦の8月15日~21日まで。
多くの住民は北海道へと移住しましたが、集団自決した人たちも沢山いたのです。

そして、千島列島の先端の占守島ではまた違った戦闘が行われました。
占守島(しゅむすとう)というのは、戦前は千島国占守郡と呼ばれ、日本の領土だった
ところで、千島24島のうち、最北東端に浮かび、カムチャッカ半島の南端と向き合って
いるところです。

浅田次郎の『終わらざる夏』はその占守島がメイン舞台です。
この戦闘のことは、私たちは歴史の授業では学習していませんし、ほとんどの人は
知らないのではないでしょうか?
作者の浅田次郎も知らなかったそうです。

『終わらざる夏』は長編小説で登場人物が多く、プロローグも長く、いろいろなことが
同時進行していきますので、読むのにちょっと大変でしたが、後半はドキドキしながら
読み進みました。
数年前に友人たち数人で回し読みしましたので、相当なスピードで一気に読んだのですが、
いつまでも私の心に残る作品で、特に終戦の日が近づくと読み返したくなります。

皆さんも是非、読んでみてください。
そして、戦争の理不尽さに憤っていただきたいです。

webで見つけた参考資料です。
よろしかったら、参考になさってください。
多分、私と同世代の人が書いているようです。

 

 

鍼灸・AOIブログ ~ 上高地に行ってきました (Ⅱ)~

P1010824P1010817P1010832

 

昨日の続きです。

3日目は泊まったロッジを朝6時前に出発してひたすら横尾山荘を目指して下山です。
私の心は昨日の不甲斐なさに少々傷心気味です。

登りは全くダメですが、下りなら・・・と言いたいところですが、この日も雨のため、
水たまりもあり、石も滑りやすく、その上帰りは私が先頭でしたので、後ろに二人
教官がついているような感じで、とっても緊張しながら下山しました。

横尾山荘から上高地に向かう途中で、徳沢で美味しいコーヒーを楽しみました。
教官のお二人には私から心を込めてご馳走させていただきました。
ほんとにありがとうございました!!

明神池からは木道の散策路を歩き、やっと上高地らしい景色を堪能しました。
こんなところで、私にカメラを持たせたら、もうダメです。(笑)
教官の二人はずっと先を歩いており、二人は時々『しかたないなぁ~』と待って
いてくれます。

上高地の緑をお楽しみください。
途中でおサルさんの親子で出会いました。頑張っていたら、ちびザルちゃんが
カメラ目線になってくれました。

厳しかったけど楽しかった、前半の夏休みのお話でした。
明日からお休みという方々も沢山おいでのことと思います。
どうぞ、それぞれの夏をお楽しみくださいませ。

熱中症にはくれぐれもご注意ください。
水分は水だけではダメな時もあります。
スポーツドリンクもうまく使ってくださいね。

それから、激しい運動をしたり、極度の脱水状態の時によく筋肉のけいれんが
おきますが、そんな時は漢方薬の芍薬甘草湯(No.68)が良く効きます。
登山をする人たちの常識となっているようです。
私も、1日目に大腿部が左→右とけいれんし、自分で鍼治療もできないような
状態でしたが、友人は携帯していた芍薬甘草湯に助けられました。
比較的即効性のお薬です。
以上、参考にしていただけると幸いです。

私も11日から13日まで後半の夏休みをいただきます。
14日からのお盆期間は通常通り診療しておりますので、緊急な痛みの駆け込み寺
としてご活用ください。

では、良い夏休みを・・・。

鍼灸・AOIブログ ~ 上高地に行ってきました (Ⅰ)~

P1010750P1010771P1010795

 

立秋を過ぎましたが、暑い毎日が続いています。
皆さん、夏バテはしていませんか?
これから楽しい夏休み、という方もおいでのことと思いますが、一足お先の
夏休みの報告をさせていただきます。

7月下旬に早めの夏休みをいただき、信州の上高地に行ってきました。
久しぶりの上高地です。
やはり、かっぱ橋は人気です!

今回の上高地行きは実は来年の登山のための訓練(予行演習?)でした。
私がある山に登りたいと宣言したために、『大丈夫かなぁ?』と心配した
山友二人が計画してくれました。

1日目は名古屋発、午後から上高地~明神~徳沢~横手山荘(泊)約3時間の行程です。
2日目は横手山荘を朝早く出発して、あるロッジを経由して来年登る予定の山の
近くまで行ってロッジに引き返してくるという計画でした。

2日目は朝から雨。景色は雲に覆われていました。
途中まで頑張りましたが、私の力不足のため、予定を断念しました。
計画を立てて同行してくださった山友のお二人に申し訳なく思っています。

来年に向けての課題が山積です。
相当、体幹を鍛え直さないといけないようです。
それとバックパックの荷物です。
誰ですか?文庫本とか、一眼レフカメラを背負っていった人は・・・??
重かったです!!

 

 

知っておこう、熱中症の症状と対処法 ~熱中症ミニ知識~

ヒマワリ2

暑い毎日が続いていますが、いかがお過ごしでしょうか?
熱帯夜が続き、寝苦しい日々。
日中は猛暑日続き・・・。

皆さん、熱中症対策は万全ですか?

~熱中症ミニ知識~

気温が上昇し、熱中症が多発する時期です。
熱中症は、体の中心の気温を保つシステムが限界に達したときに起こります。

症状Ⅰ度は、めまい・立ちくらみ・筋肉痛・汗が止まらないといった状態です。
涼しい場所へ移動して、水分と塩分を補給しましょう。

症状Ⅱ度になると、頭痛・めまい・吐き気・下痢を起こし、水分を補給しなければ
脱水症状になります。
症状Ⅰ度の処置に加え、涼しい場所で足を高くして休息しましょう。
自分で水分を摂れなければすぐ病院へ。

症状Ⅲ度、
まっすぐに歩けない・熱が高い・呼びかけへの返事がおかしい・意識が
なくなるなどの重症です。
首やわきの下、足の付け根をアイスパックなどで冷やし、すぐ救急車を呼びます。
命の危険を伴うので迅速に対処しましょう。

熱中症に対する鍼灸治療はこちらをご覧ください。

【健康ミニメモ】
カリウム:汗をかくと、塩分である塩化ナトリウムとともにカリウムも多量に
排出されます。

カリウムはナトリウムと協力して水分のバランス調整などをおこない、心筋
などの筋肉活動をスムーズにします。

不足すると体の力が抜けたようになり、意識がもうろうとしてきます。
カリウムは野菜や果物に多いのですが、
はと麦茶にも多く含まれ、夏場の手軽なカリウム・水分補給に便利です。

参考:「家庭の健康豆知識」 監修:保健学博士 菅原明子

以上、是非参考になさってください。

8月のAOI通信は~「夏バテ」と「夏バテ対策」がテーマです~

夏バテ

 

いつもお世話になっております。
厳しい暑さの毎日が続いていますが、いかがお過ごしでしょうか?

AOI通信2017年8月号をお送り致します。

今月のAOI通信は「夏バテ」と「夏バテ対策」がテーマです。

昔から夏バテには酢やレモンに含まれているクエン酸がよいといわれてきました。
体内のクエン酸回路が十分に機能すると、体の各細胞が活発になり、
疲労を回復させると共に夏バテで弱った内臓を回復する効果があります。
酢やレモン、梅干しなどを使った料理や飲み物をしっかり摂るよう心がけましょう。

また、暑いからといってシャワーで済まさず体温に近い37~38度の湯に半身浴で、
じんわり汗をかく程度つかりましょう。10分間程度入ることで副交感神経に作用し、
食欲増進や快眠につながります。

「夏バテ」のツボ療法も是非ご活用なさってください。
詳しくはこちらをご覧ください。

時節柄くれぐれもお体ご自愛くださいませ。

 

         

 


ページの上部へ

Copyright © 2015 - 2017 鍼灸AOI All Rights Reserved.