鍼灸・AOIブログ
  • 症例一覧
  • 料金表
  • お問い合わせ

2015年12月の一覧

鍼灸・AOI ~今年最後の鍼灸治療は逆子治療でした~

迷いの窓

この写真は11月に訪れた京都市北区鷹峯・源光庵の迷いの窓から見た、色づいていない
紅葉です。

今年も残すところ1日と少しとなりました。
今年もいろいろなことがありました。

今日、最後に当院に来て下さったのは、関東地方からおいでくださった妊婦さんと義母さんです。
以前ブログにも書かせていただいたことがある、遠方から不妊症の治療で通院してくださっていた
方です。母子ともにとてもお元気ですが、現在逆子の状態とのことですので、その治療もさせて
いただきました。お元気に無事に出産されることをお祈りし致します。

今年も大変お世話になりました。
来年が皆様にとって良いお年でありますように・・・!

 

 

50代 女性 ~鍼灸治療で体全体が雲の上に乗っかったように軽くなりましたぁ~

声 26 鈴木美佐子

■施術メニュー

坐骨神経痛、肩こり

《感想》

・腰の痛み、右腰から足先にかけてのしびれ感があり受診、施術を受けるたびに体全体が
雲の上に乗っかったように軽く感じたり、施術を受けた後、地面に立った時に足が軽く、
とても自分の体ではないように感じた。

・肩凝りに関しては、あまり自覚が無かったのですが、施術後は足、腰同様に肩も軽く、
体全体がスッキリとし、軽く感じた。

・先生につぼを押してもらった時、最初は「あー!」とか、「うー!」とか自然に声が出て、
激痛でしたが、今は本当に痛くなく、気持ちが良いです。

・凝っている所に針を刺して、開くという意味が施術をしてもらい、実感できた。

・体は1ヶ所悪いと、すべてのバランスが崩れ、次々に悪くなるのだとわかった。

・脳の働きを現状維持したり、活発にしたりする努力と同様、体もメンテナンスが必要
なんだなぁ~と、深く感じた。                          (匿名さん)

■施術内容と経過

この方は来院される1年くらい前から坐骨神経痛を罹患しておいでになり、初診時はご本人が
書いていらっしゃるように右足がビリビリ痺れていました。

仙骨の圧痛点を中心に灸頭鍼&電気鍼で施術させていただきましたが、2回の施術で足の
痺れが消失し、その後はドンドン回復されていきました。

腰痛が良好になった後は、ご本人が気づいていなかった肩や首の凝りも治療させていだき、
現在は月に1度、健康管理に通院してくださっています。

最近の合言葉「お元気ですか?何処か気になるところありますか?」に対して、『元気ですよ~。
特にありません!』と、とっても明るく答えてくださいます。この明るさがいいんでしょうね!

内緒ですが・・・、この方「歯ぎしり」も鍼灸治療で治りましたよ!!

 

 

 

 

 

 

 

40代 / 男性 ~ 慢性的な腰痛が鍼灸治療で健康管理できています ~

声 32 脇本

 

■施術メニュー

椎間板ヘルニア、坐骨神経痛

《感想》

・今から8年程前、ギックリ腰となり、動けなくなったところ、先生の施術により早々に回復致しました。

・以降、椎間板ヘルニアによる坐骨神経痛に悩まされるなど、慢性的に腰痛で悩まされておりますが、
都度治療を受け、重症にならず現在に至って感謝しております。           (I.Wさん)

■施術内容と経過

この方は会社の先輩のご紹介により、来院していただくようになりました。最初の症状はかなり
深刻でしたが、こちらの指示どおりに通院してくださり、5回程で症状は回復されました。
その後は、腰痛が再発しないように健康管理のため、月に1度の通院を続けていらっしゃいます。

ただいくら気をつけていても、椎間板ヘルニアによる坐骨神経痛をひき起こすこともあり、3年前には
とうとう手術のために入院までされました。ところが、手術を待っている間にヘルニアで飛び出ている
部分を白血球が食べてしまったということで、手術を免れたという貴重な経験をお持ちです。

時々肩の痛みを訴えられることもありますが、現在は草野球を楽しまれる程、症状が安定されています。

 

 

三国志に想う(Ⅲ)~吉川英治は何故「三国志」を書いた?~

京都紅葉2015①

孔明の死後、三国はどうなったのか?気になりませんか?
そんな人達の為に、吉川英治が解説を加えてくれていますよ。

孔明の死後も蜀は30年間国を保っていましたが、その後、魏に滅ぼされ、
魏は呉も滅ぼし、三国は晋となり統一されました。かいつまんで言うと・・・。

では何故、吉川英治がこのような広大なテーマを書いたのでしょうか?
彼は少年の頃、「演義三国志」を熟読していました。
その後、昭和12年~13年にかけて2度、新聞社の特派員として中国に渡っています。
中国の国土の雄大さ、悠久さを感じたようです。
この中国訪問が執筆の動機になったことは、間違いないでしょう。

この経緯により「三国志」は、昭和14年8月から~18年9月まで日経新聞に連載されました。
驚くことにその一カ月前まで、朝日新聞に連載されていたのが「宮本武蔵」であり、また
14年1月からは読売新聞に大長編「新書太閤記」を執筆し始めていたのです。
他にも同時執筆多数という状態でした。ほんと、ビックリですね。
締め切りに追われる毎日だったようですよ。

三国志に想う(Ⅱ)~三国志、やっと完読しましたぁ~

京都紅葉2015③

この写真は、京都鷹峯の源光庵、悟りの窓からの今年の残念な紅葉です。

三国志、先日やっと完読しました。長かったぁ~。
最初の頃のお話を忘れてしまいそうな程、時間がかかりました。
三国志に想う(Ⅰ)を書いたのはいつだったかな?と検索したところ、何とちょうど1年前の12月9日
でした。劉備(玄徳)が三顧の 礼によって、やっと諸葛亮(孔明)に出逢ったところでした。

その後、魏の曹操、呉の孫権、蜀の玄徳がそれぞれ駆け引きをしていくわけですが、戦いの場
では、孔明の神憑り的な作戦によりピンチを逃れたり、あるいは作戦を失敗したり、結構はらはら
ドキドキを楽しませてくれました。

もともと魏・呉・蜀の三国が拮抗しながら存続することを玄徳に提案したのは孔明でした。
孔明の天下三分の案は、玄徳が初めからの志望としている漢朝統一への必然過程として
選ばれた道でした。
玄徳の死後、孔明は漢朝統一への道を孤軍奮闘しようとしましたが、道半ばで病死しました。
そこで、小説三国志は終わります。

三国志の面白さは読む人それぞれに感ずるところは違うと思いますが、私はやはり前半の
関羽、張飛が生きていた頃、劉備・孔明とともに曹操と戦うあたりが一番面白いと思いました。

それにしても登場人物の名前はむずかしかったですね。
まさしく三国が入り乱れるのですから、何処の国の人かわからなくなる時がしばしば・・・。
皆さんもチャレンジしてみてはいかが?

 

 

 

 

 

50代・女性 / 夜間激痛の五十肩が数回の鍼灸治療で安眠に!

声61 佐藤幸子

■施術メニュー

五十肩、肩こり

《感想》

昨年の10月頃より左肩に違和感を感じましたが、元々、ひどい肩凝りで、以前、四十代の時も
同じ様な症状がありましたが、特に病院に行かずとも回復しました。よく、「五十肩は一年くらいで
治る」というのを耳にしていたので、今回もそこまで重くは考えていませんでした。

それでも、テーブルをふいたり、トイレでの服の上げ下げ、衣類の脱着時に痛みがひどく辛くなって
きたので、リンパマッサージ、整体などに通いましたが、施術後は楽になっても、数日経てば元通り
になる状態でした。

今年の8月頃には左腕は全く挙がらず、夜は寝返りの度に激痛で目が覚め、朝起きると30分くらい
痛みで動けず、“ もう、いっそのこと腕を切断した方が楽なのでは ”と、思いつめる日々でした。
そんな時、こちらを紹介していただき、二、三度の鍼で、夜もぐっすり眠れるようになり、今では痛みは
ほとんどなくなり、とても感謝しています。

■施術内容と経過

この方は以前来院してくださっていた方のご紹介で鍼灸治療を受けてくださいました。
最初は何とか夜間痛をとってあげようと思いました。3回の治療で夜間痛はなくなり、その後可動域
を広げる治療をさせていただきました。

可動域を確認しながら圧痛点を探してそのポイントを中心に、灸頭鍼と電気鍼を併用して鍼灸治療
を施術し、10回の治療でほぼ完治とさせていただきました。

Sさん、今後このような症状が再発した時はすぐご来院くださいね!
お大事になさってくださいませ。

 

 

 

AOI通信 ~今月のテーマは『ストレス』と『冬のうつ』 ~

DSCN7586

いつも大変お世話になっております。
気忙しい師走となりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

今年の秋は紅葉を楽しまれましたでしょうか?
秋の冷え込みが少なかったため、今年はどこも紅葉があまり綺麗ではなかったようですね。

上の写真は、京都大徳寺・高桐院の紅葉です。
この10年間、11月はプレエイズデー月間で大好きな京都を訪れるのはご法度でした。
今年は解放された気分でワクワクしながら出かけました。
京都の北部~大徳寺~今宮神社~鷹峰・源光庵・光悦寺などを訪れたのですが、
この高桐院以外は残念な結果でした。
来年、楽しみにしよ~~っと!!いう感じです。

12月のAOI通信は「ストレス」と「冬のうつの予防」がテーマです。
家庭でできるツボ押し、運動・食べ物など日々の生活で参考にしていただければ幸いです。

詳しくはこちらをご覧ください。
時節柄くれぐれもお体大切になさってくださいませ。

  *年末年始休診のお知らせ* 

 平成27年12/30(水)~平成28年1/4(月)

      休診させていただきます。

 

20代・女性 / ひどい肩こりが1カ月に1度の鍼灸治療で楽に過ごせています。

声11 近藤小百合

*名古屋の鍼灸院「鍼灸・AOI(あおい)」で治療を受けられた方々の感想を
ご好意によって掲載しています。皆様の参考にしていただければ幸いです。

 
■施術メニュー

ひどい肩こり、アトピー

《感想》

昔から肩こりがひどく、知人からこちらを紹介してもらい、5年ほど前に初めて受診しました。
初めは1週間毎に通っていましたが、2週間毎、1か月毎、と徐々に回数を減らしていきました。
仕事でずっとPCに向かっているので、どうしても1か月ぐらい経つと肩がガチガチになってしまう
のですが、鍼と温灸の治療を受けると本当に肩が軽くなります。

最近はアトピーの症状が悪化してきたので、そちらの治療を重点的に行っていただいています。
今後も継続して受診し、症状を改善していきたいです。

■施術内容と経過

この方は、お母さんの友人のご紹介で大学生の頃から通院してくださっています。
ご本人も書いていらっしゃるように相当の肩こりさんですが、1か月毎きちんと鍼灸治療を受け
られて、ご自身の健康管理をされています。

赤ん坊の時アトピーがひどかったそうです。初診の頃はあまり気にならなかったのですが、
1年くらい前からアトピーの症状が少し目立つようになりましたので、今は肺経と脾経の
エネルギーを整える治療もさせていただいています。症状はかなり落ち着いてきました。

肩こりに関してはこちらを、アトピーに関してはこちらを参照なさってください。

 

 

 

 

年末年始休暇のお知らせ

* 年末年始休暇のお知らせ *

平成27年12/30(水)~平成28年1/4(月)

上記の期間は休診させていただきますので、よろしくお願いいたします。


ページの上部へ

Copyright © 2015 - 2017 鍼灸AOI All Rights Reserved.