鍼灸・AOIブログ
  • 症例一覧
  • 料金表
  • お問い合わせ

2014年6月の一覧

今週の予約状況(6/30~7/5)

先週の週末はボランティア関連の行事が続き、ご挨拶をさせていただくことが多く、
緊張の日々でした。

今週は日常の診療を粛々とさせていただきます。
いつもは週末に見つけた自然の光景の写真をここに掲載させていただくのですが、
今日は、自宅のマンションのベランダの緑達を紹介します。

風蘭は開花が近いです。  私のお気に入りの石像人形。 ちょっぴり和風です。

今週の予約状況をお知らせ致します。

6/30    月曜日・・・午後予約可能です。
7/1       火曜日・・・午後・夕方予約可能です。
7/2     水曜日・・・午後予約可能です。
7/3       木曜日・・・午後予約可能です。(整膚も予約可能です。)
7/4     金曜日・・・午前予約可能です。
7/5       土曜日・・・若干予約可能です。

ご連絡お待ちしております。

不妊症(Ⅵ) 当院の不妊治療実績

当院にも不妊症治療の為に鍼灸治療を希望されて来院される方が多くいらっしゃいます。
妊娠を望む方々に対して私がお話しさせていただくのは、「まず、赤ちゃんを迎え入れる
ことができるような心や体を整えましょうね!」 ということです。

お話を聞いてみると、多くの方が体の冷えや足のむくみを訴えていらっしゃいます。
そのような方々には、手足や子宮の裏側を温める治療 を繰り返すことによって体の冷えや
足のむくみを改善させていただき、その結果ご懐妊という方が何人もいらっしゃいます。

また、ストレスや不安感を抱えていらっしゃる方々もその状態を整えることによって、お子さん
に恵まれる例もあります。

鍼灸治療はホルモンや神経系などの調整 し、自然治癒力を高めることによって、その方にとって
一番相応しい心身の状態を整える治療法です。
ですからその方が心から赤ちゃんを望まれえば、そのお手伝いをすることができるのです。

ただし、これまで何度もお伝えしましたように、妊娠には適齢期というものがありますので、
お手伝いに限界がある場合もあります。

不妊症に関する症例は、以下のブログを参考になさってください。
2014.1/25   30代女性 ご懐妊、 2/1 不妊症治療、 3/20 30代女性 不妊症、
6/13 40代女性 不妊症(最後のチャレンジ)

この他にも、特に不妊治療をしていたわけではありませんが、患者さんの体の状態を整える
治療をすることによって、 「おかげさまで赤ちゃんに恵まれました。」という嬉しい言葉を
開業以来、多くの方からお聞きしています。

不妊症(Ⅴ) 不妊治療(東洋医学領域として)

さてでは、鍼灸治療を含めた東洋医学では、不妊症に対してどのような治療がされるのでしょうか?

不妊の原因としてあげられるのが、
冷え性(冷たい食べ物・飲み物の取りすぎ、冷房、薄着、運動不足、むくみ)
働き過ぎ、過剰なストレス、不規則な生活など

です。このような状況や体の状態を改善すれば、妊娠に恵まれるチャンスが高まります。
特に冷え性は大敵です。

不妊治療をされている方々への治療は、冷えに対する鍼灸治療は勿論のこと、女性ホルモンの
バランスや胃腸を整える全身治療をすることによって、「ステップアップ治療」での卵子の状態を
良い状態にするお手伝いができます。

また、いろいろなストレスを軽減して安定した精神状態を保つことができるような治療や、不安感を
軽減するための治療やアドバスをさせていただくこともできます。

最近はレディスクリニックで漢方薬を処方されることが多くなってきました。
女性には、当帰芍薬散、桂枝ブクリョウ丸など不妊症に有効な漢方薬がありますので、先生に
ご相談ください。

冷えやむくみを取る鍼灸治療やホルモンバランスを整える鍼灸治療を施術することによってご懐妊された
臨床例は当院でもいくつかあります。 明日はその例をお話しましょう。

不妊症(Ⅳ) 不妊治療(産婦人科領域として)

以下はある産婦人科のクリニックのホームページを参考に書かせていただきます。

産婦人科治療の流れとしては、まず基本検査をし、異常が見つからなければ、排卵と射精のタイミングを
より正確に合わせるタイミング療法をします。

だいたい半年をメドに、結果が出なければ次は排卵誘発(卵巣を刺激して卵胞を多く 成熟させる)をする
という具合に、手段を変えていきます。それを「ステップアップ治療」と呼んでいます。

それでも結果が出なければ、人工授精(精子を子宮に入れる)→体外受精(卵子に精子をふりかける)
→顕微授精(卵子の中に精子を入れる)と、手段や方法をより高度なものに変えていきます。
そこで妊娠すれば、その段階で何らかの障害をクリアしたということです。

ステップアップ治療というのは、ある治療をして、それに対して結果が出るかどうかで判断するもので、
どのくらいで次に進むかはドクターや患者さんによりいろいろですが、一般的に5~6周期でステップアップし、
2年以内に結果を出すことが望ましいとされています。

「ステップアップ治療」のステージ

タイミング療法→人工授精(精子を子宮に入れる)→体外受精(卵子に精子をふりかける)
→顕微授精(卵子の中に精子を入れる)

 

 

 

 

 

 

 

今週の予約状況(6/23~6/28)

昨日の午後、雨上がりに映えるアジサイを写真に撮りたくて、三ヶ根山の麓の幸田町深溝地域にある
本光寺 と形原温泉あじさいの里へ行ってきました。水滴のかかったアジサイは素敵でした。

本光寺は椿、梅、アジサイ、紅葉と楽しめるようです。ボランティアで行っている十八成浜の桃源郷
構想をイメージしながら境内のアジサイを楽しませていただきました。

今週の予約状況をお知らせ致します。

6/23    月曜日・・・午後予約可能です。
6/24    火曜日・・・午前予約可能です。
6/25   水曜日・・・午前・午後予約可能です。
6/26    木曜日・・・夕方予約可能です。(整膚も予約可能です。)
6/27   金曜日・・・夕方予約可能です。
6/28     土曜日・・・予約一杯です。

ご連絡お待ちしております。

不妊症(Ⅲ) 妊娠力に影響を及ぼすもの②

女性の年齢と1年以内の妊娠率や妊娠までに要した平均期間を見てみましょう。
妊娠率でみると、20代後半から少しずつ低くなり始め、30代後半になると低下に拍車がかかります。
また、妊娠するまでの平均期間では、20代前半では、妊娠を希望してから平均2〜3カ月くらいで
妊娠するものの、35歳を超えると平均6カ月以上かかるようになります。

女性の結婚年齢が年々高くなっている現代、妊娠する力がすでに低下した年齢から子づくりを
スタートすることになります。明らかな不妊の原因がなくても、加齢による卵巣機能の低下(卵子の老化)に
よって妊娠しにくい女性が増えているといえます。

このように、”妊娠適齢期”と”妊娠希望年齢”のギャップが、現代型不妊症の主な原因であると言えます。

不妊治療でも解決できない卵子の老化

卵子の老化を食い止めるには、どうしたらいいのでしょうか?下のグラフは体外受精の年齢別の
妊娠率です。妊娠率や出産率は年齢とともに低くなっていることが一目でわかります。
つまりは、卵子の老化による妊娠率の低下に対しては、最先端の生殖医療をもってしても治療できない
というわけです。

不妊症(Ⅱ) 妊娠力に影響を及ぼすもの①

妊娠に最も影響は大きいのが、女性の年齢です。

女性は年齢とともに妊娠しにくくなる

女性の年齢と妊娠には、密接な関係があり、女性が年齢を重ねれば重ねるほど、妊娠しにくくなります。
そして、それには、卵子のなりたちが関係しています。

男性は、毎日新しい精子をつくり続けていますが、女性は生まれたときには卵巣内にすべての卵子の元がすでに
存在し、新たにつくられることはありません。そのため、加齢とともに、卵子は少なくなり、その質も低下してしまいます。

年齢とともに卵巣内の卵子は少なくなっていくのですが、その減り方は下のグラフの通りです。
女性が生まれる前には、既に、その卵巣には約200万個の卵子が備わっています。
ところが、その後は減る一方で、月経のはじまる思春期頃までには、約180万個が自然消滅し、
約20万個にまで減ってしまいます。
そして、月経がはじまってからは、一回の周期に約1000個、1日に換算すると30~40個も減り続けると
言われています。さらに、30代半ば以降はそれに拍車がかかり、37歳で約2万5千個、そして、
閉経をもってゼロになってしまうのです。

一方、残っている卵子は、本人と一緒に年をとっていきますから、カラダのさまざまな臓器と同じように「老化」します。
そのため、数が減ってしまうだけでなく、質も低下してしまうのです。

このようなメカニズムによって、年齢が高くなるほど、排卵はしていても質のよい卵子が排卵される頻度が少なく
なっていきます。これが、年齢とともに妊娠率が低くなる、最も大きな理由です。

不妊症(Ⅰ) 不妊症とは 

以前から約束していますように、当院のホームページの婦人科部門の情報を充実するための
準備を始めました。 私自身がもう一度知識を整理するつもりで勉強させていただきます。

まず、Wikipedia(ウィキペデイア)から

不妊症とは、世界保健機関による定義は「避妊をしていないのに12ヶ月以上にわたって妊娠に至れない状態
となっているようです。

日本では正常なカップルでは妊娠を希望し性生活を行った場合は6か月以内に65%、1年で80%、
2年で90%、3年で93%が妊娠にいたるとされています。よって日本においては、妊娠を望んでいる
カップルの約10%が不妊症であるとされています。

なお、男性側に問題があるケースが約40%、女性側に問題があるケースが40%、両性に問題がある
ケースが15%、原因不明な場合が5%あるとされています。

一方で妊娠するのだが、習慣性流産となってしまう場合を不育症といいます。
不育症は広義の不妊症の一部に組み込まれることもありますが、基本的には概念が異なります。

じゃこう(掌の多汗症) 20代 女性

webで検索して来院してくださった20代の女性。
かなりの緊張屋さんで、ひとりでの来院は怖いからと友人の方とご一緒においでになりました。

手や足に尋常でない程の汗をかくとのこと。鍼灸治療が良いのでは?と勧められての来院です。
彼女が、ネット調べた「じゃこう 多汗症」らしいと教えてくれました。私は正直「じゃこう??」
と思い、後で私もネットで調べようと思い、とにかく緊張を緩める治療をしました。

手の汗が直ぐに引くわけではありませんが、緊張のひどい状態はゆるんだようで、治療後良い
顔になっていました。 次の治療の時にお聞きしたら、その時に訴えていた胃の不調や足の
むくみは少し改善されて、体が軽くなったと喜んでおいででした。2回目はお一人でした。

ネットでしたべたところ、石垣島の人からの以下の投稿を見つけました。

じゃこうとは、掌の多汗症のことである。(これは方言?)
手先、足先にだけ、尋常じゃない汗をかく。

また、じゃこうは麝香( じゃこう:ジャコウジカの雄の麝香腺分泌物を乾燥したもので,特異な香気がある.
香料とするほか,漢方で強心・鎮痙・解毒薬などに用いられる.)に由来し、女性のフェロモンに関係
するのでは?ということが何となくわかりました。

今週の予約状況(6/16~6/21)

紫陽花の美しい季節となってきました。
紫陽花と言えば雨がつきもので、雨にうたれて青紫色や赤紫色に色鮮やかに咲く花が何とも
情緒を誘うものですが、今年は、いや最近は梅雨らしい天候ではなくなってしましたね!

でも、路地でヒオウギやガクアジサイの花が咲いています。お散歩で見つけた花達です。

 

今週の予約状況をお知らせ致します。

6/16     月曜日・・・午後予約可能です。
6/17    火曜日・・・午前・夕方予約可能です。
6/18   水曜日・・・午後予約可能です。
6/19     木曜日・・・午前予約可能です。(整膚も予約可能です。)
6/20   金曜日・・・午後予約可能です。
6/21     土曜日・・・午前予約可能です。

ご連絡お待ちしております。

次ページへ »

ページの上部へ

Copyright © 2015 - 2017 鍼灸AOI All Rights Reserved.